御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

「嘆きの牛 後半」

140503_1507~04
 2012年3月12日に福島県浪江町にある「希望の牧場」に牧場主の吉沢さんの案内で大川興業の大川総裁と一緒に訪れました。
その日に伺ったのは東京電力福島第一原発が水蒸気爆発を起こした1年後だったからです。
311は気仙沼で過ごし、そのまま車で南下して福島入りして翌日浪江町にある牧場を案内していただきました。

 実は20キロ圏内の立ち入り禁止区域に入ったのは2度目です。
最初は2011年6月上旬に大川総裁から電話で、ハワイから放射能除去の新技術を持ったチームが来ているので除染テストに付き合って欲しいと依頼があり、ドライバーかねて福島へ行きました。
僕の初被災地は20キロ圏内だったのです。
芸人って物は何でも貪欲にやらなければダメだという総裁の信念に巻き込まれる仏壇職人です。

 浪江町にある希望の牧場の入り口には東京電力の悪口と共に牛の頭蓋骨が何個も吊るしてありました。
当然、立ち入り禁止区域なので誰も通りません。
誰かに見てもらいたいのではなく、自分の怒りを表現したかったのでしょう。
吉沢さんはその怒りを聞いてもらいたくて今でも定期的に渋谷のハチ公前で街頭演説をしているそうです。
その時に牛の頭蓋骨を持っていきたいと言っていたので、漆を塗ってみませんか?って提案したのです。

 徳川美術館に加藤清正が退治したトラの頭蓋骨が展示されています。
それには真っ黒な漆が塗られています。
漆は数千年前の遺跡からも出土するほど耐久性の高い塗料です。
実際400年ほど前のトラの骨に漆を塗る事で劣化を防いでいます。
この牛たちも震災後の原子力発電所の事故で死んだという歴史の証人であり、後世に伝えなければいけない大事件でもあります。
漆を塗る事で美しく、そして時間を止めることが可能です。

 僕はけっして原発反対派ではありません。
大飯原発が再稼働する時も3日後に現場を見に行ってきました。
原発反対とどんちゃん騒ぎしていた若者は一人もいなく、主婦らしき人が5人座って抗議していました。
テレビでは分からないことが現地にはあります。
現地に足を運び、現地の空気と問題を感じ、僕は作品に思いを込める。
しかし、悲しい出来事があったことを、またそこで苦悩している人がいることを忘れてはいけないと思っています。

*写真の作品は福島県浪江町でいただいた牛の背骨と仏像の光背を組み合わせた作品です。
スポンサーサイト

嘆きの牛 前半

漆牛

 この作品は2012年3月12日に福島の浪江町に行った事から始まります。
僕は2011年3月11日に発生した東日本大震災の巨大津波で傷ついた位牌を直すボランティアを行ってきました。
そのアイデアって言うのか指令をいただいたのが江頭2:50さんが所属する大川興業の社長であり芸人の「大川総裁」です。
江頭さんがトラックで物資を運んだってのは有名な話なのですが、総裁は全ての被災地の小さな漁村まで訪れ、現地のニーズを聞き出して的確な支援をしていたのです。
被災地を歩いた総裁が目にしたのが傷ついた位牌だったという訳です。
「都築さん、何とか位牌を直してあげてください」って言う電話から、大川興業ボランティアに巻き込まれていくことなりました。

 福島の浪江町は東京電力福島第一原発から20キロ圏内にある町です。
当然ながら当時は完全に立ち入り禁止地区でした。
一般人が入れない地域で吉沢さんという方が今でも牧場を経営しています。
誰もから見捨てられた牧場の名は「希望の牧場」です。
吉沢さんとの出会いは全くの偶然でした。
僕と大川総裁が支援物資を届けに行った場所に偶然来ていたのです。
吉沢さんが現場をぜひ見てほしいと言う事で吉沢さんの運転で20キロ圏内にある希望の牧場に行きました。
当然ですが、道中すれ違う車はありません。
途中にあったコンビニの店内は震災発生時のまま。
人だけが消え去り、時が止まった町を抜けて人里離れた山の中に牧場はありました。

 牧場に100頭を超える牛が元気そうに放牧されていました。
その当時の政府がある決断を決めたことによって吉沢さんの戦いが始まったそうです。
20キロ圏内にいる家畜は全て殺処分にすること。
しかし、吉沢さんは我が子のように育てた牛たちを殺すなんて出来ないと牧場経営を今でもやっています。
殺処分の命令がでている動物にエサを持ってきてくれる業者はいません。
吉沢さんは自分のトラックに積めるだけのエサを運ぶのですが、十分な量を確保はできない。
その結果、力ない牛が死んでいってしまう。
これも一つの震災被害なんだろう。
人間だけではなく、動物も供養してあげられるオブジェを作れないかという吉沢さんの要望で現地に大川総裁と入っていったのでした。

(後半へ続く)

「デザイン哲学2:バックグラウンド」

 作品や商品を作るときに必ず意識するのは「日本」らしさです。
それも自分の感じる日本です。
僕は高校卒業後、4年間アメリカに行っていました。
仏壇屋の3男に生まれて、親からは自分の進む道を自分で見つけろと言われて育ってきました。
小さな頃から自分探しを強制的にさせられていたような気がしています。
才能のない人間が自分のやりたい事なんて簡単には見つけられません。
やりたい事がないのに何を勉強すればよいかも分からずに、出会ったのが落合信彦さんの本でした。
単純に世界を飛び回るジャーナリストってハードボイルドでカッコいいなぁって感じてしまった。
落合信彦さんがアメリカの学校に通った事で人生が変わった話を本の中で見つけて、僕もとりあえずアメリカの大学に行こうと決めたのです。

 自由の国だけども、自分のやりたいことを見つけられる訳ではありません。
自由とは実に不自由だと気が付きました。
何でもできるが故に悩む。
しかしながら、アメリカの国は大きな視野を与えてくれました。
そして、日本の素晴らしさも再認識させてくれたのも確かです。
帰国後、日本はバブル崩壊で空前の就職氷河期。
仕事がなかったのでバイト感覚で都築仏壇店で働き始めて現在に至っています。
仏壇屋で働き始めた頃は二男が店を継いでいたのですが、僕が漆塗りの修行に行っている間に父親と喧嘩して店を出て行ってしまいました。
その結果、自由に生きつづけた三男の僕が店を継いでしまったのです。

 こんなバックグラウンドで生きてきて伝統をひたすら守る道を進むわけがありません。
グローバル化の流れの中で、日本の伝統が大きく変革しなければいけない時期だと大きな視野で見ればすぐわかります。
しかし、誰も動こうとしませんでした。
伝統をもっと日の当たる場所にもっていく、これこそ自分の人生をかけてやる仕事なんだろうなって若き日の僕が思ってしまいました。

 当然ながら、伝統を変化させていく事は衝突を生み出します。
若いころは四面楚歌。
僕の行動は誰からも褒められることなどなく、多くのお叱りをうけました。
理解していただけなかった人たちからも10年続けてきた頃から、芯がある行動だとは認めてもらえるようになりました。
自分の中の伝える力も格段に上達してきたのだと思います。
しかしながら、新作を発表する時は今でも「誰かに怒られないか」常にビクビクしております。
特にソーシャルメディアの発達している現在はビクビク度がかなりアップしています。
それでも沸々と湧いてくるアイデアをカタチにする事は間違いなく面白いから止められません!

10390383_892794724143066_4197899137430227442_n[1]

「漆塗のフィギュア パート2」

 去年の仙台三越さんで販売した30万円弱のウルトラマンのフィギュアが良い結果を残したので、漆塗りフィギュアの次の商品が決まり去年の夏ごろに受注が始まりました。
ミッキーマウス、ウルトラマン、それに続く漆フィギュアは日本が誇る巨大ロボット「マジンガーZ」です。
なーんだガンダムじゃないのかって思っているあなた!
マジンガーZは世界で驚くほど知名度が高い。
アメリカでは「トランザーZ」の名前で放映されている。
ヨーロッパではマジンガーZの続編である「グレンダイザー」が驚異的な人気で、多くのヨーロッパの国では自国のアニメだと思っているそうだ。
そんな理由で漆塗りのフィギュアを海外で販売していきたいと考えている我々は「マジンガーZ」をセレクトしたのです。

 今回は広報に徳間書店、販売はメディコムトイ、フィギュア製作はマーミットという最高のチームがサポートしてくれました。
漆のディレクションは僕が担当し、漆塗りは伊藤君。サンプル製作では新しい技法である「割れ塗り」を試してみたが、立体の物には綺麗に仕上がらず断念。
黒をベースに、朱と金を使った仏壇カラーで商品化にこぎつけました。
徳間書店で発行している「キャラクターランド」の巻頭4面特集で大々的に紹介していただき、サンプルは銀座にあるメディコムトイさんのショウルームにて展示、それをネットで配信。
税別45万円という超高額商品でしたが20体の注文をもらえました。
その多くはアメリカからの注文だったっていうので再び驚きました。

 リスクがないように受注生産の方法をとってもらい、現在8割完成済み。
現在、残りの2割を伊藤君が岡崎の工房で塗っています。
最近思うのは20体くらいしか作らないのならマーケットの理論は全くあてはまらないってことです。
一般的には45万円はのフィギュアは高いですが、5万円のフィギュアだって高い。
はたして5万円に技術を落としても大量に売れるとも思わない。
最高の技術を使うから値段も高いなら納得できるはずです。
しかし、個人の力ではそれをさばききる能力はない。
協力してくれる企業さんの情報発信力が販売にはつながっている。
物をつくる僕たちがやることは、協力してくれる企業さんが本気になってくれる商品をつくること。
物の価値は物が決める。
溜息がでるような商品を提供することで一歩一歩階段を上がっていけるような気がしています。

 次回の漆塗りフィギュアの試作を現在製造中。情報解禁になったらまた報告します。
urushi_mazinger_h02.jpg
 ©ダイナミックプロ/マーミット/メディコムトイ/徳間書店

「テレビ型仏壇・テトセ」

 仏壇って何のためにあるんだろう?
根本の理由に向き合わなければ仏壇デザインをやる必要がないと僕は思っています。
デザインってただ形をお洒落にするだけにあるわけではない。
なぜ、その形にするのかって意味付けこそが大事である。
コンセプトやストーリーがあってデザインは生まれる。
そして、完成した物がデザインを通じて消費者に語りかけるのです。

 仏壇の前で人は見えない何かと語らう。
こんな日本の美しい光景を仏壇は作ります。
通知表を学校から貰うとお仏壇にお供えします。
果物やお菓子を一度仏壇に供えてから、「お下がり」として家族で食します。
仏壇は目に見えないが、確かに存在した祖先を繋いだり、仏に感謝をしたりするためには無くてはならない物であるはずです。
そこで僕は「仏壇とは先祖や仏様と交信をする箱である」と言う定義を作りました。
そして出来上がったのがテレビ型仏壇です。

 実は10年前にこの仏壇を作るにあたって、あの世とこの世をつなげる箱である仏壇を使ったミステリー小説も製作しています。
その小説のタイトルが「テトセ」だったこともあり、商品名もテトセにしました。
その小説もとあるコンクールに送った所、最終選考の一歩手前までいきましたが、そこ止まり。
完全にお蔵入りになりました。
その後、この小説がきっかけで「あの世の歩き方」ってイラスト本を出版することになりました。
話が脱線しましたが、この仏壇は小説を書くことができるくらいのコンセプトを持ったものです。

 このデザインのフォルムは1950年時代のアメリカのデザイン「ミッドセンチュリー」を意識しています。
あえてテレビをレトロなデザインにすることでモダンさを出しています。
アンテナを付ける事であの世からの電波をキャッチするというコンセプトをビジュアルで表現しています。
仏壇内部はかぐや姫のお話をモチーフに彫刻を製作しています。
かぐや姫を月の使者が迎えに来るシーンってあの世からの美しい迎えを僕の中で連想させました。
なので仏壇の彫刻にはぴったりだと僕は思って使いました。

 年末年始、仏壇に向き合う時間をぜひ作ってください。
仏壇に手を合わせて、どうぞ語らってください。
一年間の報告、そして新しい一年の抱負。
そんな会話を先祖も仏様も楽しみにしていますから。
080828_0825~01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。