御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

2007年11月の記事

なぜアート仏壇なのか

昨日のワールドビジネスサテライトでの補足です。


きっと「なぜ、仏壇をアートするのか」って思いますよね。


僕が作りたいのは仏壇の単体ではありません。
「祈り」をテーマにした仏壇を中心とした空間つくりです。
世間一般でいう「仏間」をお洒落にコーディネイトしたいと思っています。


僕は伝統産業である金仏壇の産地に産まれました。
普通の人と一緒でキンキラキンの仏壇は好きじゃなかった。
でも仏壇を作り上げる技術には心底惚れています。
自分好みの金仏壇ってのが作れるんじゃないかって、デザインをはじめました。


既存の仏壇と比べると奇抜に見える事から、
メディアが僕の事を「仏壇アーティスト」と名づけてくれました。
それが仏壇アートと言われる由縁です。


僕にとって仏壇は大きな可能性を秘めています。
仏壇の技術はきっといろんな事に転用できるんじゃないかな?
漆、金箔、木工、木彫、蒔絵、飾金具などなど日本の工芸ってのが殆ど使われている。
その中で数職を組み合わせてアクセサリーや家具を作り出しています。


今後は仏壇モチーフや仏教モチーフを使ったデザインもやっていく予定です。
「アートマン・ジャパン」をブランドに仕上げる事が僕の目的でもあります。


仏間専門のインテリアコーディネーターってのが本当の僕なんですよ。
ちなみにインテリアコーディネーターの資格はちゃんと持っています。
スポンサーサイト

急ですけど今晩のワールドビジネスサテライトで放映されます

今晩放送のWBSで個展の時の取材が放映される事になりました。
先程、電話があったばかりで皆さんに連絡できなくてすいません。

お時間のある方はぜひ御覧ください。

11:00~
テレビ東京系です。

武壇の人気投票にご協力ください

先日の代官山で3度目の勢ぞろいをさせた武壇8種。

代官山からの帰りの車の中で、「どの武壇が一番かっこいいのか」って事でメンバーと盛り上がりました。
僕らの意見はどれも捨てがたい。
製作者サイドでは愛着がありすぎて一番を決めかねてしまう。

そこで人気投票を開始する事にしました。

今後の製作へ反映させていこうと思います。
ぜひ、ご協力宜しくお願いします。

アートマンホームページのトップ画面から投票画面へ入れます。
http://artman.tv/

ニッケイウイークリー

071108_0916~0001.jpg

前回の日経MJの記事がニッケイウイークリーにも掲載されました。
扱いが大きくて驚きです。

来年3月のニューヨークでのグループ展に弾みがつきそうです。
来場者にも説明できるしね。

ビジネスフェア

明日(11月7日)ポートメッセ名古屋で開催されるビジネスフェアに参加してきます。
このイベントは東海地区の信金バンクが協同で主催する、
ビジネスマッチングを目的とした企画です。


仏壇屋が他業種とどうビジネス展開していくのだろう?
当店のメインバンクの熱烈のラブコールで出展を決意したけど、
出展目的が見出せずに迎えてしまいました。


そこで急遽我が社のPRとともにサムライ三河武士プロジェクトも同時に紹介する事になりました。
急に商品を集めたのでサムライ商品を全て展示できなかったのは残念です。
小さなブースですが、新たなサムライメンバーが増えるようにがんばって告知してまいります。
ビジネスフェア



会場:ポートメッセなごや(名古屋国際展示場)3号館
   名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地
電話:052ー398ー1771


一般の方も来場可能です。
もちろん入場無料!
お時間があればおよりください!

司馬遼太郎

僕が本が大好きだというは、一部の人間しかしらない。
週に2、3册の本を読んでいると知ると嘘だと思う人が多い。
知的な人間に見えないのが原因らしい。

そんな僕が最近めっきりはまっているのが司馬遼太郎の本。
はまるきっかけは徳川家康です。
「覇王の家」という本を読んで三河武士の生きざまを知ってからはずっぽりです。
徳川三部作を読まなくてはと思い、その後「関ヶ原」、「城塞」と手を出してしまった。
この本を読破するのに1ヶ月はようしてしまうほどの大作です。

だがこれを読めば間違いなく戦国通になれます。
サムライ三河武士へ参加しなければきっと読まなかったんだろうなって思います。
また天下布武プロジェクトに参加しなければこれ程詳しくなろうと思わなかったんじゃないかな?

そんな戦国通は代官山へ集れ!
戦国ART祭り
11月16日~18日
代官山ヒルサイドテラス
アートマンも参戦します。

アートマンin代官山

東京にアートマンが出展します。
それも日本一お洒落な街『代官山』です。


今回はいつもお世話になっている戦国ブランド『モノノフ』&『六龍堂』さん主催のイベントです。
武壇8体を持って参入となります。


関東地方の戦国&アートマンファンには必見です。


代官山フェスティバル2007 猿楽祭連動企画 【11/16~18】
■天下『布』武プロジェクト 戦国ART祭


・ 正統派戦国ブランドが、銀座ギャラリーに続き今度は代官山に集結!
・ 有名作家のサイン会あり 平田弘史先生、黒鉄ヒロシ先生、正子公也先生
・ 各ブランドの新作も発表予定

【場所】 渋谷区猿楽町29-21 ヒルサイドテラスアネックスA棟

【日時】 2007年11月16日(金)11:00~17:00
                  (プレス日につき取材可。18:00~戦国交流会※関係者のみ)
             17日(土)11:00~19:00
                  (正子公也先生、黒鉄ヒロシ先生サイン会)
             18日(日)11:00~19:00
                  (平田弘史先生サイン会、揮毫Tシャツ企画)
 
【サイン会】     17日(土)11:00~正子公也先生、15:00~黒鉄ヒロシ先生サイン会
            18日(日)14:00~平田弘史先生サイン会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。