FC2ブログ

御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

2008年10月の記事

ドキュメンタリー番組の予告動画がアップされていた

昨日、メルマガ第1号を発行しました。
発行後にドキュメンタリー番組のサイトがクリマのサイトになっていたのに気がつきました。
いきなり間違えた。


という事で訂正の為、早速第2号を本日発行しました。
確認の為ドキュメンタリー番組のサイトに行ってみると、
僕らの放送分の予告動画が配信されているじゃないですか!
http://dogatch.jp/tv/ningenryoku/detail/031/031.html


NY個展が終わり、もう1ヶ月。
ほんの15秒なんですが、少し感慨深くなりました。
サイトのアドレスを間違えて良かった。


ついでではありませんが、僕らアートマンのパートナーブランド「もののふ」さんが明日・新宿に店をオープンします。
http://sinzenbi.blog82.fc2.com/blog-entry-198.html
そんな情報もメルマガに載せました。
仕事の都合でオープンには駆けつけれないですが、
きっと明日は沢山の人で賑わうんじゃなかな?


関東方面の方はぜひお立ち寄りください。
アートマンの代表作「クロート」の取り扱いもしてくれます。
現在、パッケージを製作しているので販売スタートは来月中旬頃になると思います。



メルマガもいろいろな方が登録してくれているみたいで嬉しいです。
週2回の発行を目標にがんばります。
こちらで登録できます。
まだの方はぜひどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0000275598.html
スポンサーサイト



アートマン・ジャパンのメルマガ配信スタートです

NYの報告会が無事に終わりました。


NYで知った人と人のつながり。
本当に大切にしていかなければと実感しました。


僕は仏壇をデザインする能力があります。
メンバーには仏壇を製作できる能力があります。


しかし、僕らにあるのはそれだけです。


もっともっと活動したいと思った時に感じる壁。
乗り越えてきたので今があるんだと思います。


もっともっともっと活動を今はしたいんです。


それには皆さんの力の1割を僕らにください。
そして皆さんの力の1割のお返しにメルマガを配信していく事にします。
情報発信をきちっとしたり、仏教系のお勧め本なんかの情報もアップしていこうかなって思います。


まずは本日第1号を発行。
メディア情報やイベント情報を載せてみました。
週一で発行予定(がんばります)
よろしければ登録してみてください。


実はまだ誰も登録してないのでね。
第一号は誰だろう?
http://www.mag2.com/m/0000275598.html


遅くなりましたが、NYの報告会に参加してくれた方々本当にありがとうございました。
30名ほども来て下さったので、1人頭の話の時間が少なくなってしまって申し訳ありませんでした。
次回も開催します。
って言うか開催せざるおえない程盛り上がったので。
その時はもっと時間もゆっくりと行えればと思います。

本日はNY個展報告会&懇親会

今日はハードスケジュールです。


午前中に豊田市まで仏壇の納入。
これが一番重要。


午後一で名古屋にて商工会青年部部長の会議。
こいつが6時まで。


そして7時からはNYの個展報告会&懇親会を名古屋で開催。


早く懇親会の時間になってぱぁーっと飲みたいです。


ちなみに本日は会議に出席するため、僕はスーツ姿です。
要するにジェントルマン・都築です。


ネクタイと腕時計が大嫌いなんです。
苦しいから。
絶対、サラリーマンにはなれないです。


年に数回のスーツ姿もお楽しみに!

マッチ箱仏壇とマッチ羅漢さん

NY個展用にと試作を行ったマッチ箱仏壇。
その存在自体を忘れかけていました。
小さいのは目立たなくてダメですね。
071204_1152~0001

071204_1154~0001


ドイツにはこっちかなって思い少し進めようと思い立ちました。


やっぱり、中に入れる物はマッチがいいかって思い、
マッチで仏像チックに彫刻をしてみました。
写真では分かりにくいですが……。
081025_1525~01



一応16本のマッチ仏が入っています。
16羅漢をイメージしております。


酔っ払うとマッチを熱唱する僕にはぴったりの作品かもしれません。


しかしマッチ棒の材質って悪いね。
木目がバラバラ。
質の良いマッチ棒を探さなければ。

「二律背反」という考え方

ドイツ個展に向って自分のやっている事をもっと深く表現をしたくなりました。
久しぶりに哲学の本なんか買って読んだりして。


ドイツといえばやはりドイツ哲学です。
カントやヘーゲル、ハイデッカーなんて凄い哲学者がいます。
ニーチェもドイツ人だったなぁ。


ニーチェの「原点回帰」という考え方は「あの世の歩き方」って本を作る時に勉強しました。
残念ながら出版会社の倒産でこの本は廃盤となってしまいました。
でもこの考え方は輪廻転生を論理的に説明していて面白かったです。


今回読んでいるのはカント。
「二律背反」という考え方。


人間は生きるとう活動をします。
しかし、生きるためには成長します。
成長するためには体内の細胞を殺して、新たなものを生み出さなければならい。
体内では常に死を繰り返しています。


人間の体一つとっても相反する「正」と「死」が同居しています。


世の中には全く2つの異なる物が同時存在する。
まさに真理です。


その上仏教的です。
色即是空、空即是色の世界です。


僕らの作り出す物もこの「二律背反」で表現できないかなぁって考えています。


仏像は産まれたばかりの子供に渡せば「守り本尊」
死を迎える人に渡せば「安らかなる永眠を見守る仏」


こんな表現こそアートマンにはぴったりのような気がします。
的確な表現がまだ見つかりませんが、少し考えてみたいと思います。


そんな物が見つかればアートマンは世界にドカ~ンって行きそうです。

ブッダ・ブッダ・ライフ

081025_0854~01

NYにあるアジアン・ソサエティという場所のミュージアム・ショップで購入したキーホルダーです。


その名もBuddha Buddha Life。
http://buddhabuddhalife.com/index.php
アメリカでブッダをフィギュアにしている人がいるとは。
それも日本風に風水まで取り入れて。
buddha buddha
(Buddha Buddha Lifeさんのサイトから写真を使用しました)


仏像ならなんでも好きな僕はつい購入。
母親とお婆ちゃんへのプレゼントにしました。
NY土産が仏像フィギュアでいいのかって迷いましたが。
渡したら、お婆ちゃんは普通に喜んでいました。


仏像おそるべしです。
老人にはNYを吹き飛ばすパワーがある。


仏像ってのは信仰の対象物。
大仏もあれば円空仏みたなものまである。
貴族宗教の遺産でもある関西の仏像群はやはり素晴らしい。
でも東海地方に多く残る円空仏のような庶民の仏像もまた素晴らしい。


この時代はみやげ物屋さんでも美術館でも小さな仏像が安価な値段で買える。
拝観した仏像のパワーを持ち帰りたい。
そんな人が小さな仏像を買っていくんでしょうね。


現在、名古屋市博物館で「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」が開催されています。
http://www.museum.city.nagoya.jp/tenji081018.html
西国33
本物のもつ力は凄いです。
特に清水寺の千手観音像は自然と手が合わさってしまいます。
(写真の仏像)
僕の好きな兜跋毘沙門天や如意輪観音もいます。
仏像好きにはたまらない展示です。


いつか全ての本物に合いに西国33ヶ所をめぐりたくなりました。


意外と僕の生活はブッダ・ブッダ・ライフをしております。

ドイツの個展テーマ

NY個展の反省点でもある展示方法。
まずしっかりとしたテーマを作らなかったので、NYで何度も展示を変更せざるおえなかった。
そんな事がないように今度の個展はテーマに沿って展示する事にします。


ほんの数行の言葉を考えるのに数時間かかってしまいました。
改めてテーマというのが大切なんだなって気づきました。


下記がテーマとなります。


ご意見よろしくお願いします。




ドイツ個展のテーマ
「武壇一如~サムライがブツダンと出会った~」


 1704年、それはまだ日本にサムライがいた時代、三河仏壇は誕生しました。サムライがいなくなった現代でも三河仏壇は残っています。しかし、近い未来には消えてしまうかもしれません。サムライがいなくなってしまったように。


 サムライの精神の中に「剣禅一如」という言葉があります。剣の道は禅に通じるという考え方です。サムライの生き方とブッダの生き方。殺生する者、禁ずる者。全く相反するように見えるのですが、精神の座標軸にあるのはお互い「無」です。また生きる事を追求すれば必ず命がけになる。「無」を追求する人の手に剣を持つか、法具を持つかの違いなのかもしれません。
 

 サムライがいなくなって約120年、しかしサムライ魂は決して消えていません。日本人の根底に120年間くすぶり続けてきました。その意思をついだのは仏壇職人とその仲間達。サムライスタイルを祈りの造形として、また仏壇の新たな造形として誕生させました。それが「武壇一如」の作品達です。日本の2つ精神スタイル、武士道と禅、そして300年つづく仏壇製造の「格好良さ」を表現いたしました。


 金融や株など見えない物が支配する時代となった近年、やはり必要なのは祈りのような見えない力。20世紀は日本の家庭だけを守ってきた仏壇。21世紀は仏壇が地球を守っていくように、僕らは世界に発信していきます。そして300年続いた三河仏壇を次の世代へ伝えていきます。

2009年5月はドイツで個展!!

一ヶ月前まではNYで奮闘していたというのに、
早くも次回の海外個展の日程がほぼ確定しました。


2009年5月14日(木)~24日(日)
会場はドイツ・デュッセルブルグにあるお寺。
http://www.eko-haus.de/j_home.htm
ありがたい事に凄い好条件です。


NYという大都会で情報が埋もれてしまうよりも、
ドイツの地方都市での展示の方が良いかも。


ネットや本屋さんで調べると綺麗な町。
日本企業がヨーロッパの拠点にしている都市でもあるようで、
凄く便利そう。


本当ならば体も頭も根をあげてしまいそうなんですけども。
僕には休息をあたえてくれそうにはありません。
運が良いのか、悪いのか。


NYでの反省でもあった販売等のコーディネーターさんとは今回がっちりと手を組んでの個展。
ドイツ語の案内も作ってくれるので安心です。


できれば大手スポンサーをつければ最高なんですが。
会場費やフライヤー制作費、告知なんかは無料でやってもらえるので、
大きな経費というと輸送費と滞在費くらい。
ちょっとまじで頑張ってみようと思っています。


来年5月だといっても今月末までに告知ようの原稿が必要なんだそうです。
今から急いで製作です。

11月13日発売のスパイマスター東海版

来月号に僕と伊藤君が載ってます。
1ページのインタビュー記事です。
丁度、NYでのドキュメンタリー放送があるので少しは告知になるかなぁ。
でも読者層が僕よりも10歳は下なので、早朝弱そう。


今回の取材で分かった事がある。
伊藤君がしっかりとアートマンを語れるって事。
コメントを求められてドキドキしていた伊藤君はもういなかった。
なんか残念のような気がしますし、誇らしいような気もします。
次回は伊藤君の単独取材でも大丈夫だな。
アートマンの意外な成長を見た。


さらに再来月の読者プレゼントにクロート金箔バージョンが登場。
11月と12月のスパイマスターをぜひ立ち読みしてください。


いやいや、購入してください。
遠くの人は通販で購入してください。

10月28日のNY個展報告会&懇親会

現在、参加予定者を含めると28名にもなってしまいました。
最初は15人程度でこじんまりとやる予定だったのですが…。


気がつくと知り合いが知り合いを呼んで結構な人数に。
また多種多様な人が集まります。


名前を羅列するわけには行きませんので肩書きだけ。


仏壇職人
イラストレーター
ペーパークラフト作家
テレビ番組ディレクター
テレビカメラマン
デザイナー
カーオブザイヤー審査員
デザインプロデューサー
マーケティング担当
旅行企画
アンティークショップ・オーナー
広告代理店
ライター
カメラマン
アートディレクター
造形師
webデザイナー 
クリマのボス などなど


なんか大きな企画会議みたいです。
名古屋から何か新しい物が生まれるかもしれません。


会場はクリマのボスがおさえてくれた「炭酒家」の3F。
名古屋・丸の内3丁目8-26 西里丸の内ビル
052-954-0866
お店情報
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000015238.html?vos=nhppvccp99002
マップ
http://www.hotpepper.jp/A_20700/strJ000015238.html


NYの個展の報告会は7時スタート
懇親会は7時半からです。


会場を広い部屋に変更したので、まだいけます。
参加希望者は今週末までにメッセージください。


絶対グチャグチャになってしまうと思うので、
頑張ろうっと。
こりゃ酔えないなぁ。

【The Back of Black】を観てきました

081020_0909~01

大川興業さんの芝居「The Back of Black」を招待していただき観てきました。
仕事の都合で本公演は見れず、トークショーのみとなりました。
行ってから少し後悔です。


客席も舞台も真っ暗。
それが2時間続きます。
真っ暗な中で声と音、たまに香り。


本当の暗闇に身を置く事ってないです。
見ている(?)だけでも感覚がおかしくなりそうなのに、
演じていた人はどうなっていたのだろう?


僕が語るよりも下記のサイトでどうぞ。
http://www.okw.co.jp/news/2004/0925.htm


次回は本公演を見なきゃな。
来年もぜひパワーアップしたのを観に行こう。


招待してくれた大川興業さんありがとうございました。

【試作】仏の住処

新作って程でもないかもしれないですが。
とりあえず製作してみました。


仏壇の中にはいろいろな物が入れ込まれています。
本尊以外にも仏像がいろいろと。
たぶん旅行の土産で購入したりした物なんでしょうけど、
購入した本人がお亡くなりになるとなんだか分からなくなっちゃう。


粗末に扱えないからって処分して欲しいと僕の所へ集まった仏像達。
僕も処分するのが嫌だから、「貰っていいですか?」っていつもお願いします。
そんなんで結構アンティークの仏像が溜まってきました。
もちろん、土産品程度なので価値のある物はありません。
だけど、人が手を合わせてきた物って価格には表せない価値ってのがあると思います。


そんな僕のコレクションで何か作品が作れないかなぁって前から思っていました。
龍のオブジェのように小さな仏像で巨大な仏像を製作しようかと思っていましたが、量が足りない。


昨日、知り合いの人から樹の根っこを貰いました。
倉庫の奥の方にあったのを僕が見つけてタダでくれました。
たぶん、買うと高いと思います。


その根の穴に仏像を何体も入れてみました。

081019_1144~02
081019_1144~01

なんか小宇宙みたい。
僕版曼荼羅の出来上がり。


根っ子に艶がないので迫力がないですが、もう少し丁寧に仕上げようかなって思っています。
なんか良い作品が出来そうな予感です。

アトリエ掃除大作戦

ニューヨークやら東京遠征で荒れに荒れていた自分のアトリエ兼作業場。
急遽、スパイマスターの東海版の取材を下僕さんと受ける事になったので大慌てです。
地下にある僕のアトリエ・通称「アートマン秘密基地」にて取材をしたいとの事。


仕事の合間をぬってやれるレベルの汚さではなかったので、思い切って仕事中にやりました。
掃除の合間に仕事をやる感じです。


081017_1843~01


おかげで大分綺麗になりました。


081017_1844~01


宙に浮くクロートも作りました。
透明なプラ板にクロートを数体ひっつけただけですけども。
案外とお洒落になりました。


081017_1844~02


これからは忙しさを理由にせずに、ちゃんと掃除をしようと心がけます。
汚れてからの掃除は本当に大変ですからね。
当分大きなイベントもないのできっと汚れないと思うけど……。



愛知県幸田町へお寄りの方は気軽に立ち寄ってください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B8%E7%94%B0%E7%94%BA
そんな人いるのか?

これは使えるiPod touch

実はおととい誕生日でして……。
37歳となりました。


自分のイメージで37歳って、もっとしっかりとした大人だと思いました。
仏壇の納品に行くとお婆ちゃんに「偉いねぇ。お父さんの手伝いして」って良く言われます。
僕はいったい何歳に見られているんだろう?


実はいつも早く年をとりたいって思って生きてきました。
貫禄が欲しかったんだと思います。
貫禄はアゴ髭ではカバーできないですからね。


話がぶれました。


嫁さんから誕生日のプレゼントに買ってもらいました。
iPod touch。
081016_1907~01
実は東京で有名なカメラマンとお酒を飲んだ時に自分の作品をPSPに入れて見せてくれました。
なんかそれがスマートに見えて、僕もそんな風にしたいなぁって思っていました。


先日の休み、名古屋の個展を見に行く用事があったので、大須へ。
パソコン屋をくまなく見て回りました。
小さなパソコンを購入しようと思っていたんですが、作品を見せる姿がとうしてもスマートに見えない。


急遽、こいつにしました。
それにしても凄い量の写真が入りますね。
使い方もお洒落。


音楽をあまり聴かない僕には必要ないと思っていたiPod。
これからはこれを持ち歩いて作品を見せまくろうっと。
これがあるだけで仏壇もお洒落に見えそうです。

【個展情報】ただし僕のじゃないですが……

知り合いの陶芸家・仲さんの個展に昨日行ってきました。
081015_1527~01
081015_1527~03


とても素敵な空間を作り上げていました。
作品が生きる展示ってのはこういうのを言うんだろうなぁ。
とても勉強になりました。
081015_1528~01


前にも書きましたが、彼は僕と一緒にNYでグループ展をやる予定だったメンバーの1人。
いろいろと打合せなんかも一緒にやったんですけども、残念な結果となってしまいました。
コーディネーターをやっていたギャラリーさんに振り回された1人です。


彼の扱う作品は陶芸。
それに日本のカルチャーでもあるアニメーション風ロボットを融合させています。
作る物にもストーリーがあったりして、今後の展望が期待されます。


また彼の母親が書家であるという事で、自分の展示に母親の書を取り込んでいる所がなんか和みます。


会場は僕も去年個展を開催した名古屋にあるナディアパーク。
19日(日)までの短い期間での開催です。
必見です。


「僕の箱庭2-頭の中をのぞいてください-」展
日時:10月15日(水)~19日(日)
時間:11:00~20:00◎会期中無休◎入場無料
会場:国際デザインセンター・デザインギャラリー
〒460-0008 名古屋市中区栄3-18-1
ナディアパーク・デザインセンタービル4階
TEL.052-265-2106(代)

東京から帰ってきて気づいた事

自分がやっている事の目的を本気で考えるようになりました。
僕のやっている事は多面性があるので一つに絞るって事が出来にくく、
正直そこから逃げていたような気もします。


今まで出演したテレビなんかも歴史を追って見るようにしてみました。
案外と口にしている事に一貫性があって驚きました。


「変った仏壇を発表する事によって、仏壇の存在意義を再確認してもいたい。そして、仏壇を大切にしてほしい」


そんな事を言っていました。


やはり僕が大切にしている方は自分の作品の奥にある「三河仏壇」なんですね。
僕達の作品は「三河仏壇」へつなげる導線の役割だったと気づきました。


周りにながされ、自分を見失いそうでした。


そんな気づきから、こんな作品を仕上げてみました。


捨てられてしまう仏具とクロートのコラボレーション。
拝む対象として使われてきた物の末路もゴミと一緒ではかわいそうです。
大切に使われてきた物を使って作品にしてみました。
081014_1635~01
081014_1636~03
081014_1637~01


廃棄する龍のオブジェで龍を作った時に感じた感覚が戻ってきました。


アートマンとしては仏壇の技術を使って新しい物を産み出し、
都築数明個人としては廃棄する仏壇を使ってメッセージを投げかける。
こんな事ができればと思っています。


思いつきで作ったクロートですので、できばえはイマイチです。
でも時間をかけてこんなのを沢山作っていこうと思います。

ナディアパークでの個展から一年たったのかぁ~

明日からライブマーケットの前年グランプリ受賞者の個展が名古屋のナディアパークで開催されます。


僕らアートマン・ジャパンは一昨年のグランプリを受賞して、去年個展を開催しました。
あの個展が僕らを急成長させました。
また進む道を決定つけた個展でした。
芸大の教授がべた褒めしてくれて、大きな自信となりました。


その後、NYまで駆け足でした。


実は今回の個展はグループ展が行われていたら、一緒にNYへ行くはずだった作家さん。
陶芸の技術を使って「セラロボ」っていう作品を製作しています。
http://www.idcn.jp/week/08/mes/
ユニークな作品ですので、ぜひ足を運んでみてください。
僕も明日はNYに帰ってきて初めての休日。
会場に行ってくる予定です。


grandprix.jpg


「僕の箱庭2-頭の中をのぞいてください-」展
時間:11:00~20:00◎会期中無休◎入場無料
会場:国際デザインセンター・デザインギャラリー
〒460-0008 名古屋市中区栄3-18-1
ナディアパーク・デザインセンタービル4階
TEL.052-265-2106(代)

代官山から帰ってきました

今回の東京遠征は本当に面白かった。

081010_1824~01



僕にとってまた一回り大きくなったような2日間です。
NYの疲れもふっとびました。


また沢山の方々との会話の中で、自分の進むべき道ってのがしっかりと見えてきました。


気がついた事を忘れないうちに書き留めておきます。


目的と手段。
僕がやっている事のゴール地点は何なのか?
ゴールに向う為に「仏壇アート」という手段を使っている。
目的と手段が逆転してしまいがち。


最近は「仏壇アート」をやるためにいろいろな手段を使ってしまっていたような気がします。
本来の仕事である伝統仏壇の良さを伝える為にやってきていた筈なんですけども。
「仏壇アート」ってのをフックにして「伝統仏壇」に興味を持ってもらう。
また見直してもらうって事が最優先されるべきでした。


「なぜ自分達が作る最上級の仏壇を展示しないのか?」
数人の方に言われました。
脳天を打ちぬかれたような感じです。


僕自身が伝統仏壇を否定しているように誤解されてしまう。
仏壇の良さを伝える目的が薄らいでいました。
チヤホヤされる事で目的を見失いがちになっていました。


さすが高いレベルにいる人達との会話です。
直ぐに本質を見抜かれてしまう。


さあ、今回のイベントで収穫した事を実務に取り込んでいきます。


代官山では本当に多くの方々が来場してくれました。
ありがとうございました。


また酔っ払いの僕に付き合ってくれた皆さん達、ご苦労様でした。
一緒に東京遠征に同行してくれた紙龍くん、jbstyleさん、そしてアートマンメンバーの伊藤君、お疲れ様でした。


個展会場は全く写真をとるのを忘れてしまいました。
写真はjbstyleの撮ったのをパクっています。

NY紀行文がネットにアップされました。

手直しの済んだNY紀行文がアートマンのサイトにアップされました。
http://homepage2.nifty.com/artman/taizaiki01.html
伊藤君ご苦労様でした。


ミクシィのコミュで発表した物に少し手を加えた完全版です。
お暇な方はぜひご覧になってみてください。


1時間程度で読めると思います。


さらに携帯でも見れるようになっています。
さすが伊藤君。


本日から東京です。
明日開催の代官山・ヒルサイドテラスでのイベント「戦国アート祭り」の搬入作業へ行きます。
がんがんPRしてきますよ。

【イベント予告】「仏壇ニューヨークへ行く」報告会in名古屋開催

クリエーターズ・マーケットのボスかのお願いで、
アートマンのNY個展の報告会&飲み会を開催する事になりました。


この日、商工会の会議で名古屋に行く用事があるので、ついでにやる事が決定。
場所はたぶん丸の内周辺。
時間はたぶん7時頃から。
会費はたぶん3000円くらい。
たぶん新作「平成宮殿厨子」を持っていく。


記述の通りまだ未定です。


僕が経験した事。
特にNYで個展をやる時におさえておいた方がいい事。
連絡をいれておいた方が良い所。
展示の仕方なんかを30分くらいプレゼンした後、飲み会になります。


僕が主役のイベントなので、飲み会はかなりあたけると思います。
気がつけば独演会化すると思います。
参加される方は覚悟の程よろしくお願いします。


参加希望の方はメッセージもしくはコメントお願いします。
一応、会場を押さえる予定で大体の人数把握をしておきたいのでね。
今まで取材してくれた仲良くなった雑誌関係の人やテレビ関係の人・広告代理店の人なんかもプライベートでお誘いしようと思っています。


せっかくですのでド派手にやっちゃおうと思っていますので、
多くの参加をお待ちしております。

jbstyleが描く掛け軸

僕とした事が自分の事ばかりのPRで申し訳ない。


NY個展の協力者・我が友、jbstyle。
無理にお願いして仏画風のイラストを掛け軸に描いてもらいました。
もちろん、下絵なしの筆ペン画。
アメリカン・コミック調の画風と和テイストが見事にマッチした作品です。


僕の力不足でNYでは販売にいたらなかったですが、
これはまじで凄い。
jbstye


そんなjbstyleのライブパフォーマンスが代官山で見ることができます。
ヒルサイドテラスの駐車場内にて。
どんなイラストを描くのかは当日のお楽しみに。


代官山フェスティバル2008 猿楽祭連動企画 【10/11,12】
http://www.hillsideterrace.com/art/sarugaku2008.html

戦国の精粋、再び結集
■天下『布』武プロジェクト 戦国ART祭 第二陣※入場無料


・ 今年は代官山ヒルサイドテラス・アネックスA棟2階・3階全棟貸切!
・ 平田弘史先生のサイン会と昨年大好評だった揮毫大会も開催!20名限定。
・ 戦国の三英傑を輩出した名古屋から2人の超絶ライブパフォーマー参戦!
・ 各ブランドの新作も発表予定!

【場所】 渋谷区猿楽町29-21 ヒルサイドテラスアネックスA棟

【日時】 2008年10月11日(土)11:00~17:00
                (17:30より戦国交流会)
          12日(日)11:00~17:00
                (13:00より平田弘史先生サイン会、揮毫大会)





もしかして、プレッシャーあたえてしまったか?

代官山・ヒルサイドテラスにてNY個展再現・決定!

なんと今日NYから作品が戻ってきました。
081007_1001~01


無理だと思っていた今週末の代官山のイベントに間に合います。
NYで展示した物を全てとjbstyl&紙龍くんを車に詰め込んで東京遠征に向います。
車はもちろん伊藤君のを借りて。


こんなに早くに新作「平成宮殿厨子」を日本でお披露目できるとは!!


関東に住んでいる人は来なきゃそんだよ。


以下は「もののふ」さんのサイトから拝借
http://www.mononofu.net/tenkafubu_daikanyama.htm

代官山フェスティバル2008 猿楽祭連動企画 【10/11,12】
http://www.hillsideterrace.com/art/sarugaku2008.html

戦国の精粋、再び結集
■天下『布』武プロジェクト 戦国ART祭 第二陣※入場無料


・ 今年は代官山ヒルサイドテラス・アネックスA棟2階・3階全棟貸切!
・ 平田弘史先生のサイン会と昨年大好評だった揮毫大会も開催!20名限定。
・ 戦国の三英傑を輩出した名古屋から2人の超絶ライブパフォーマー参戦!
・ 各ブランドの新作も発表予定!

【場所】 渋谷区猿楽町29-21 ヒルサイドテラスアネックスA棟

【日時】 2008年10月11日(土)11:00~17:00
                (17:30より戦国交流会)
          12日(日)11:00~17:00
                (13:00より平田弘史先生サイン会、揮毫大会)


皆さんの来場をお待ちしております。

NY滞在記が何とか完結

毎日、時差ぼけとの戦っております。
ガンズ


この滞在記を書き終えるため、いつもより早く6時に仕事を切り上げて毎日5時間程度パソコンに向いました。
今朝の3時頃にやっと書き終えました。
僕のニューヨークがやっと終わったかんじです。


時差ぼけさえなければ、ゆっくりと寝れるのですが……。


文章にまとめるといいね。
NYの生活が新鮮に蘇ってくる。
あまり凝った文章ではないけども、淡々と進んでいきます。


超大物俳優のマイク・マイヤーズさんが来場したり、
ガンゼンローゼスの元バンドのメンバー(写真の人)を紹介してもらったり、
カフェで俳優のイーサン・フォークにであったりしました。


僕の苦悩、そして成長なんかも綴っておきました。


僕のやっている事は僕1人では何も出来ない事に気がつきました。
相変わらず、カッコいい結末にはもっていけなかったけどもね。
僕にとってココからが勝負。
ニューヨークを生かすも殺すも今後の僕の行動次第って事かな。


小説とは違い、ノンフィクションは書くのが難しい。
つい単調になってしまう。
なるべく毎日食べたものなんかも載せておきました。
半分、グルメレポートみたいかもね。


お時間のある人はぜひ読んでみてください。
現在はミクシィユーザー限定ですが。
なるべく早めに構成をしてネットにアップします。


仏壇ニューヨークへ行く⑧
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35732438&comment_count=0&comm_id=2905999
仏壇ニューヨークへ行く⑨
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35732456&comm_id=2905999

ニューヨークにて

少しミーハーなスナップ写真を何点か。

まずは個展会場前で新作と一枚。
個展会場はソーホー。
いい場所でしたよ。
宮殿厨子と俺


つぎはやっぱり押さえておきたい場所。
自由の女神。
フェリーに乗って近くまで行ってきました。
飛行機に乗るよりも厳重な警備でした。
自由の女神


やっぱり、この時期に行っておかないといけない場所。
サブプライム問題で株が下落して大騒ぎのウォール街。
その中心にあるニューヨーク証券取引所。
証券取引所


全て行ったのは午前中。
お昼からはちゃんと個展会場につめていましたからね。
充実した毎日でした。

ニューヨークでの生活

僕は帰国する日以外は毎日個展会場へ通いました。
(一日はギャラリーや施設に営業に回りましたが)
12時頃から19時まで会場で来場してくれる方に随時説明したりして接客をしました。
一緒に行った嫁も手伝わせました。
おかげで大分英語の説明が上手になりましたよ。


でもせっかくNYに来たので観光もしたい。


僕達は午前中にいろいろな所を計画的に回る事にしました。
メインな所は結構まわったと思います。
写真も結構とってきたのでまた今後アップしていくと思います。
トップオブロック
まずはマンハッタン全景。
ロックフェラーセンターの頂上から撮影しました。
ロックフェラービル
さらに別の日に撮影したロックフェラーセンター。
超怪しい雰囲気にぐらっときました。



というわけでNYでの生活は早起きして観光してから、午後から接客、夜外食して寝る。
という一日のパターンが出来上がりました。
疲れると思いますが、不思議と元気でしたね。
食べる物が美味しかった事もあると思います。
それはまた後日。

ニューヨークの滞在記を書き始めました。

2週間もニューヨークにいたせいで、時差ぼけに悩まされています。
あまり寝れません。


でもそんな事も前向きにとらえています。


寝れないなら起きていよう。
ニューヨークの滞在記を書き始めています。
現在ワープロ原稿で15枚ほど書いてから、やっとニューヨークにたどり着きました。
結構な大作になってしまうかもしれません。
あまりぐだぐだした文章にしたくないので短めに仕上げたいです。


現在、ミクシィの僕の趣味のコミュで連載中。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2905999
ミクシィユーザーの方はぜひご覧になってください。
実はとある有名なハリウッドスターが個展会場に来場してくださいました。
そんな話ももう直ぐ出てくると思います。
お楽しみに。


ああ、眠たい。

ニューヨークから帰ってきました

080929_1005~01

仏壇ニューヨークへ行く。


ビックプロジェクトがやっと終わりました。


しかし、まだ続きます。
僕は常に挑戦しつづけます。


昨日の飛行機で仏壇より先に帰ってきました。
日本はやっぱりいいね。
僕は根っからの日本人。


でもニューヨークも悪くなかった。
優しい人がいっぱいいた。
日本から来たって言うと「かっこいい」なんて言われた。
もはや日本はアメリカにとってブランドなんだなぁって実感しました。


とりあえず小さな足跡をニューヨークに残してきました。
次回は更なるステップアップを目指します。


先ほど仕事場に帰ってきたら、ニューヨークに行く前と全く同じ状況。
きっちりと2週間、僕の仕事を残しておいてくれたようです。
この2週間を取り戻さなきゃな。
帰国の次の日から定時出勤。
僕はやっぱり根っからの日本人なんだと思います。
これが日本流だね。


現在、ニューヨークでの滞在記を執筆中。
後日、アートマン・ジャパンのホームページにてアップする予定。
http://artman.tv/
お楽しみに。
かなりドタバタなニューヨークでした。


また今回の模様はテレ朝系のテレビ番組「発見人間力」という30分のドキュメンタリー番組になります。
録画時間が約60時間だそうです。
編集作業は確実地獄でしょうね。
全国で放送時間が違うので下記のサイトで確認してください。
http://www.minkyo.or.jp/01/2008/04/003131_1.html
ちなみに東海エリアは11月30日(日)朝6時からです。
こちらもぜひお楽しみに!