御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

2009年12月の記事

一年間ありがとうございました

今年は沢山の素敵な出会いがありました。


いろいろな国に行きました。


今まで蒔いた種から小さな芽が出た年でした。
そんな僕の今年の総括です。


無駄な事を一つ一つそぎ落として行くと成功するかもしれないが、つまらない物が出来上がる。
お払いとかって非科学的で無駄です。
でも明日になれば皆こぞって初詣に出かける。
神頼みなんて究極の無駄なんだと思います。



しかし、無駄な事は人を安らかにします。
無駄だから人間が人間らしくいられるんでしょうね。



僕のやってきた事の多くは無駄のような物の積み重ね。
多くの人が何の為にやっているかさえ理解できない事ばかりです。
仕事に無駄はあるけども、人生に無駄はありません。


僕は仕事を通じて自分の人生を構築しています。
仕事をするのが目的ではありません。
幸せになるのが目的です。


僕がなりたいのは、今の段階で想像できないような自分です。
想像できる事はがんばれば実現できる事です。
想像すら超越したいと思っています。
今年の僕を去年の僕が想像すらできなかったように。


そのためには一つ一つ自分の前に提示された壁をよじ登っていくだけです。
まだ上を見るのも望むのも僕には早い。



人生万事、塞翁が馬
来年も一喜一憂せずに大局を見極める目をもって地道に歩いていきたいと思います。


皆さん、本当に一年間ありがとうございました。
そして来年もどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

築山殿と松平信康の首塚を訪れる

昨日年末調整用の書類を貰いに岡崎に出かける用事があったので以前から気になっていた場所に行って見ました。
それは徳川家康の正妻・築山殿の首塚が祭られている八柱神社です。


歴史好きな人にしか分からないとは思いますが、徳川家康は織田信長に正妻と長男を殺害されています。
(長男は切腹、妻は殺害ですけども)
091229_1024~01
(画像は影武者徳川家康からお借りしています)

この事件がなんとも不可解です。
当時唯一同盟を結んでいた徳川家康に殺害するように命じたのか?
信長の真意が分かりません。
歴史家も分からないので沢山の説が出ています。



興味のある方はウィキペディアで調べてみたら面白いですよ。
松平信康(家康の長男)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E4%BF%A1%E5%BA%B7
築山殿(家康の正妻)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%89%E5%B1%B1%E6%AE%BF



分からないのなら現地へ行く。
これが鉄則です。
八柱神社は岡崎インターの近くにある小さな神社です。
住宅地にぽつんとありました。
八柱神社

築山首塚1

築山殿の首塚は神社から少し離れたところにありました。
築山首塚2
うっそうとした木々の中にぽつんと五輪の塔がたっていました。
あまり人が訪れないんでしょうね。
徳川家康は妻を娶ったのは築山殿だけです。
築山殿が死んだ後は正妻の座は空席でした。
何ともミステリアス。


八柱神社に案内板があり、家康の長男・信康の首塚もあると書かれていました。
場所を調べると案外近い。
早速車を走らせて信康の首塚のある若宮八幡宮へ。
国道1号線を少し入ったところにありました。
こちらもひっそりとした場所にぽつんと。
若宮八幡郡


この神社の祭神が仁徳天皇と松平信康になっています。
さすが家康の長男です。
ここには信康の死後、岡崎城で幽霊騒ぎが勃発。
信康の慰霊を静めるためにこちらの神社に祭られたようです。
やはり無念だったんでしょうね。

信康首塚2


信康公の首塚は築山殿とは違い柵が設けられていました。
近くには入れません。
信康首塚



徳川家康の天下泰平への道は本当に険しい物だったのが今更ながら理解できます。
本当に「忍」の男だったんだと思います。
信康や築山殿のように死ななくてもよい死が沢山あったんでしょうね。
三河の人間は辛抱強く、志は高くいたので天下が懐に転がってきたんだと思います。



少し調べると歴史の舞台がでてくるのが三河です。
1時間程度のぶらり歴史旅ができる幸せ。
この地に生まれてよかったです。

門松来る

正月に神様をお招きする準備が整いつつあります。
お店の玄関の大掃除も終わり、とうとうやってきました。
門松です。


職人さんが作っていきます。
091226_1349~01
一時間くらいで完成です。
松竹梅は当然ですが、千両、葉牡丹等々縁起物で作り上げます。


こいつが店の前に並ぶと正月が近いと感じます。

091226_1606~01



店先の巨大金魚の水槽も綺麗にしてもらいました。
門松を見る一番の特等席です。
091226_1606~02



今年も残り3日ですね。
僕は当然無休。
もうひと頑張りです。

昨日は徳川家康誕生日

中日新聞に家康公のバースデー記事が載っていました。
家康誕生日
この企画をしたのは知り合いの画家さんだったりする。
素晴らしき郷土愛!


本日も岡崎城周辺のデパート街でイベントがあるようです。
お時間のある方は歴史に触れる休日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ドカ~ンと開運「土管様」

合格だるまに続く新たな開運グッズを作ってしまいました。
http://moonmmoon.blog115.fc2.com/blog-entry-546.html
それが「土管様」
土管型の木製の筒。
091226_1843~01

その中にはドカ~ンと運を運んでくれる水晶のお地蔵様が入っています。
091226_1844~01
ちゃんと顔が見える小窓もあるし、土管様も筒から取り出せます。
紐は数珠紐を使って井桁に組んであります。


腰にぶら下げる物好きの僕。
土管様も腰からぶら下げるようにしました。
091226_1845~01


限定8個の販売です。
価格は2500円。
2010年1月7日から都築仏壇店にて店頭販売します。

「聖徳太子とキリスト教の関係について」

岡崎のタウン誌「リバ!」にて連載中の「あの世授業・ロッキン六道」はクリスマスと仏教について書きました。
本日はクリスマスなので特別に公開です。


 今回はクリスマス特別授業です。
世界最古の木造建造物である斑鳩の法隆寺。
ここの六角形の奇妙な建物「夢殿」があります。
修学旅行で行った事ありますね。
ここには聖徳太子をモチーフにした仏像・救世(くぜ)観音菩薩が安置されています。
実はこの仏像が謎めいています。
明治時代まで千数百年間、布でぐるぐる巻きにされて完全に秘仏とされていました。
また光背の付け方も特殊で、後ろから頭に直接打ち付けられていました。
このような理由から聖徳太子の怨念を封印する呪術的な役目をしていた仏像だと考える学者さんもいます。
注目するべきは救世という独特の名前を持つ観音菩薩だという事です。
これは世を救う人という意味で救世主を表す言葉です。
仏教では使わない言葉です。
どこで使われるかというと、そうですキリスト教です。
教科書ではフランシスコ・ザビエルが1549年にキリスト教を伝えたって学校で習いましたよね。
少し視野を広げてみると、中国では600年代にキリスト教(景教)が一時期流行していたと文献に残っています。
聖徳太子の時代に海を渡ってきた人達の中にキリスト教についての知識を持っていた人がいても不思議ではありませんよね。


話しは変わりますが、正倉院に伎楽面があります。
その中に酔胡王(すいこおう)というお面があります。
そのお面は極端な鷲鼻の赤ら顔、まるで昔話にでてくる異人です。
特に「胡」という文字はペルシャ系を表す言葉でもあります。
聖徳太子の頃の斑鳩は案外国際的な都市だったかもしれません。


 こういう理由から仏教徒だと思われていた聖徳太子がキリスト教徒だったという説もありますが、僕は違うと思います。
きっと知的で温和な人物だった聖徳太子はネットワークが広かったと思います。
友人にはキリスト教徒がいたとしても不思議ではありません。
救世観音はそんなキリスト教徒の人が聖徳太子の亡くなった時に奉納した物ではないでしょうか? 
キリスト教スタイルの仏像になってしまったのではないでしょうか? 
とは言っても真相は闇の中ですが……。
天平時代からキリスト教と仏教の融合があったとしたら、仏教徒の日本人がクリスマスを祝うのは千数百年の歴史ある伝統的矛盾だと思います。


今月のことば
仏教徒がクリスマスを祝う背景には千数百年の歴史あり!



あの世授業が載っているリバ!は岡崎各所で無料配布されています。
見つけたら手にとてみてください。

筆柿杏仁豆腐

本日から幸田町の「道の駅・筆柿の里」で販売になる新商品の試食をしてきました。
それが筆柿杏仁豆腐です。
091221_1537~01
味は美味しかったですよ。
和菓子を食べているみたいな感じでした。
値段は300円程度で販売されるようです。


道の駅があるのが国道23号線という事で本日23日はイベントがあるみたいです。
通りがかったら寄ってみて下さい。

徳川家康と時計

昨日は地元のお寺・西方寺さんにお邪魔してきました。
ここの住職が手作りで「からくり人形」を作成したのを中日新聞で拝見して知り合いと一緒にお話を伺いに言ってきたんです。


江戸時代の本から図面を起こして1年かけて作り上げたのが、このからくり人形です。
091221_1815~01

下のからくり部分も見せていただきました。
主要な部品はすべて木材です。
091221_1815~02
カタカタ動く姿は何とも愛らしかったです。


このからくり人形の原理は時計です。
そのルーツをお聞きしていると出てきた名前が「徳川家康」
おっとここでも戦国&三河が繋がるとは……。


現存する日本最古の時計は徳川家康が所有した物だそうです。
織田信長にも時計は外国から献上されたようですが、信長は時計よりも舶来の帽子と孔雀の羽の方が良いと返してしまったようです。
家康は独自に動く時計の仕組みに興味を持ったようでとても大切にしたそうです。
しかし、機械は壊れてしまうものです。
その修復を津田助左衛門という者が見事に行い、御時計師という役職を与えられ和時計が作られるようになったそうです。


時計の原理を使ってからくり人形が誕生しました。


実は愛知県にはもの凄くいろいろ所に「からくり時計」があります。
ここのサイトにいろいろと載っていました。
http://mediazone.tcp-net.ad.jp/MISO/KARATOKEI/


岡崎公園にもからくり時計があります。
能を舞う家康が動く物です。
20090707_701225.jpg
家康の趣味が高じてからくりという一つの文化が出来上がったと思うと、このからくり時計はとても素晴らしい物ですね。
いろいろな文化が三河武士と繋がっていきます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

ドイツ国際平和村への募金ありがとうございました

ドイツ個展の時に視察させてもらったドイツ国際平和村での何とも言えない感覚は今でも忘れられません。
https://www.friedensdorf.de/Welcome-102.html
平和な国に生まれ、普通に成長してきた僕に戦争をこれほど身近に感じた事はありませんでした。
手が無い子、大きな火傷をした子、皆笑っていました。
生きているってこの事だと思いました。


去年からドイツ国際平和村の募金を都築仏壇店で行っています。
091221_1200~01

今年分の募金を大阪のNPO法人「ペイフォワード」さんを通じて募金したお金を平和村の方へ送らせてもらいました。
http://www.pay-forward.org/
金額は3,455円。
5月の視察の時に直接お渡ししてしまったので金額が少なくなってしまいました。
その募金に僕が講師を行った時の謝金の一部をプラスさせてもらいました。


僕のできる事は本当に小さな事です。
小さなことでもやるとやらないでは大きな差だと思っています。
募金していただいた皆さんの善意は大きな事を行う上での礎になっていると思います。
本当にありがとうございました。

お店・新年モードへ

大掃除がてら店のディスプレイをお正月モードへ少しずつ変えています。


入口には獅子頭を展示。
グッと正月らしくなりました。
091220_1820~01
ちなみに獅子の口の中には不動明王がいます。
来年の干支の守り本尊・虚空蔵菩薩ではないです。
(ディスプレイ用に使えるのがなかったので……)



その脇にはローソクで出来た仏壇グルメシリーズの最新版「鏡餅」を展示。
今までの寿司やダンゴに比べるとインパクトがないかもしれません。
でも普通にニーズがありそうです。
091220_1820~02


前にも日記で書きましたが、あの世では煙や蒸気がご馳走なんだそうです。
立ち上る煙はある地点で消えて見えなくなります。
その時にあの世に届いているという発想です。
昔の方はロマンティストですよね。
ローソクの鏡餅はお正月にお餅を届けるにはぴったりでしょ。


今年も残すところ10日間となってしまいました。
ラストスパートの時期ですね。




すっかりコレを貼り付けるのを忘れていました。
久しぶりにポッチッとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

本日は彫刻師さんと講師です

本日は一色中学校で「その道の達人に学ぶ会」の講師をさせてもらってきました。
体験をメインで行うという事で彫刻師の石川さんにも同行してもらいました。
プログラムに載せてもらった講師紹介のページにはローソクを作っている磯辺さんも載っていました。
http://www.sun-inet.or.jp/~candle/
091219_1757~01
磯部さんの他にも三河仏壇の蒔絵職人さんも講師になっていました。
一番驚いたのは似顔絵師の横地あおいさん。
アートマンのHPの似顔絵を以前書いてもらった友人です。
今は大阪に活動拠点を移されていたので、お会いするのは本当に久しぶり。
ちなみに「笑撃武芸団」という劇団の絵師としても活躍しています。
http://syogeki.com/
大阪へ行く際は侍カフェにお立ち寄りを!


本題からずれてしまいましたが……。


今回は仏壇の事もちゃんと伝えようと八角形の仏壇を持っていきました。
もちろん仏壇クンも。
SANY0202.jpg


体験する彫刻の手順を聞いている生徒さん。
こんなの簡単そうだと思っているみたいでした。
SANY0203.jpg



彫刻師さんも真剣に説明しています。
彫刻刀を使うので怪我しないような使い方を何度も繰り返し伝えていました。
今回製作したのは「イチョウの葉」です。
完成したのしかないですけども。
こんな感じの物を約50分かけて作りました。
091219_1807~01



たぶん知らない人が見れば百円ショップで買った?って聞かれちゃうかもしれません。
物を知らない人は価値を値段で決めてしまいます。


自分で板を削って形を作り上げた事に金額と時間はありません。
もうそれは一つの作品です。


物を作るのには時間がかかります。
しかし物を捨てたり、壊したりするのは一瞬です。
だけど大切にすれば作った物は一生残ります。
残るから伝統として守られてきたのだと思います。



生徒さんが「職人になろうかなぁ」なんてつぶやいてくれました。
それだけで講師になったかいがありました。
学校から帰る時にその生徒さんの手にはまだ自分の作った彫刻がありました。
テレビや雑誌に出る以上に人と接する事がいかに大切かを学ばせてもらいました。



本当にありがとうございました。

ここ数日の出来事をどか~んと

我が家にコイツがやってきてから忙しくなりました。
お世話が結構楽しいです。
091215_0834~01
ダンケに構ってばかりいて最近のブログが更新できずにいました。
という事で一挙にいきます。


日曜日には幸田町商工会青年部主催でクリスマスケーキ作りを行いました。
子供がいないので姪と兄嫁を誘って参加しました。
スポンジや生クリームはこちらで用意したのでデコレーションするだけです。
結構上手に出来上がりました。
SANY0192.jpg



月曜日は高校時代の友人と忘年会。
近所に住んでいるんですけども案外と会えないもんで、飲むのも年に数回。
家庭ができると仕方ないですね。
話をしているとしょぼかった高校時代の思い出が……。
しょぼいなりにも今となれば面白かったなぁ。
SANY0196.jpg



火曜日はアートマンのメンバーと飯を食べながら新作の打ち合わせ。
またきっと年末までにもう一度あるかもしれないので忘年会ではないかなぁ。
アートマン御用達の焼肉屋で。
SANY0195.jpg
仏壇クンと一緒に写っているのが新作「神仏の遊び」の試作品です。
アートマン初のセレブ感?いや神感たっぷりの商品です。
これがあれば神になった気分になれる一品です。


その後、さらに新商品の事で盛り上がり2次会へ。
夜の感じたっぷりの昭和の香りがするような店へ。
SANY0194.jpg
仏壇クンは哀れ……キーホルダー化されてしまいました。
SANY0193.jpg



若干飲み疲れ気味です。
ダンケに癒されております。

本光寺の副住職

本日の中日新聞に本光寺の副住職が大きく取り上げられていました。
梧裕新聞
(画像をクリックすると大きくなります)


今回の出土で一躍有名になってしまった本光寺さん。
お宝が出なくても本当に素敵なお寺でした。
副住職と一緒にゆっくりとこの素敵なお寺を皆に知ってもらおうと動いていた矢先に宝物が出土してしまいました。


宝物の価値が高いのは間違いない事です。
しかし、そんな貴重な物を副葬品として墓に入れるほど家臣に慕われていた殿様の人となりが素晴らしいと僕は思っています。
僕はこの殿様一族「深溝松平家」の惚れています。
調べれば調べる程素晴らしい。
どうにか伝える手立てがないかと本気で考えている所です。



お宝に振り回される事なく、伝えるべき事を伝える手伝いができればと思っています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

仏壇のお掃除

年末になるとお仏壇の掃除に呼ばれる機会が増えます。
仏具のお磨きや仏壇の拭き掃除を代行させていただいています。


本日も1人暮らしのおばあさんの家の仏壇掃除に呼んでいただきました。
おばあさんとお話をしながらお掃除していると、勉強になる事ばかり聞けます。


おばあちゃんが言っていました。
「どんな事でも怒ったら、自分が損するから怒ったらダメですよ。」
「怒ると嫌な気分になるでしょ、それだけで時間を無駄にしてしまう」
「世の中は嫌な事があるのが当たり前。無いと思うから腹が立つの」
深いです。


仕事終わりにおばあちゃんの趣味で集めた工芸品を見せてもらうと、九谷焼で工房を案内してくれた人間国宝さんの香炉がありました。
おばあちゃんは人間国宝になる前に買っていたそうです。
すごい目利きだ。
おばあちゃんを褒めるとこう言っていました。
「その分、沢山失敗しているからね。失敗して成長するの」
……深いです。



お金貰って勉強させてもらったようです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

今年の漢字に僕の案は採用されず

今年の漢字が「新」になりましたね。
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1260517296
20091211-00000023-jijp-soci-view-000.jpg
(写真はヤフーニュースから使わせていただきました)



僕の一票入れてきたんですがあえなく落選。
僕の一文字は「法」。
のりピーショックに一票入れました。
http://moonmmoon.blog115.fc2.com/blog-entry-493.html(清水寺で投票した時の日記です)
結構多かったと思うけどな。
そういえば流行語大賞にものりピー系が無かったですね。
何となく触れてはいけないのかも。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

仏壇クン稼動箇所を増やす

いろいろな所で写真撮影をしている仏壇クン。
ポーズがぎこちないので稼動箇所を増やしてみました。


これでボケにたいして突込みくらいは出来そうです。
091211_1016~01


091211_1016~02



写真を撮りダメて再来年用のカレンダーにしてやろうと思っています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

アメリカでは白い十字架のある牛が、我が家にはマルチワが

アメリカのコネティカット州で額に白い十字架のある牛が誕生したそうです。
http://blog-imgs-36.fc2.com/m/o/o/moonmmoon/pickup.htm
縁起が良い牛ですね。


我が家にも幸運を運んでくれるかもしれない使者がやってきました。
マルチーズとチワワのハーフ犬「マルチワ」です。
091210_0809~01
玩具みたいでカワイイです。
名前は「ダンケ(ドイツ語でありがとうの意味)」です。
アートマンがドイツ個展の時に覚えた唯一のドイツ語かも……彫刻師さんがダンケ使いの名人です。



これから仏壇クンとともに露出が多くなると思います。
どうぞよろしくお願いします。
SANY0162.jpg





ポチっと押してくれたらダンケ!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

高校の同級生「Kana Tanaka」が銀座で企画展に参加中

高校時代の同級生でアーティストのカナちゃんがアメリカから一時帰国して銀座のポーラ美術館の企画展に参加していると連絡がありました。
http://www.po-holdings.co.jp/news/pdf/PO21R073.pdf
凄い、凄すぎる。


彼女はガラスアートをやっています。
雨のようなしずくをガラスで作った作品は何か心を奪われます。
39805689_36s.jpg
                  25725993_163s.jpg
作品は彼女のHPで見ることができます。
http://www.kanatanaka.com/



関東地方の方々はぜひポーラ美術館にお立ち寄りください。
週末あたりには本人がいるような事を言っていました。


Brilliant Noël
―輝きのガラス―


2009年12月5日(土) - 12月27日(日)
開館時間 11:00~20:00(入場は19:30まで)
会期中無休 入場無料


ポーラ ミュージアム アネックス
所 在 地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階
連 絡 先 TEL:03-3563-5501 FAX:03-3563-5543
http://www.pola.co.jp/m-annex/




さらに富山県にある富山ガラス造形研究所で12月17日(木)に特別講師に呼ばれて講演を行うそうです。
http://www2.ocn.ne.jp/~tiga/j_top.html
北陸の方はぜひ行かれてはいかがでしょうか!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

藤堂高虎キャラ・シロモチくん

東海地区のNHKのニュースを見ていると見た事のある兜のキャラを見かけました。
あ、藤堂高虎だって兜のデザインを見て解かる自分が気持ち悪いですが……。
著作権なども問題もあると思うので下記のサイトへご確認ください。


http://blog.goo.ne.jp/shiromoti
戦国キャラもいろいろと出ていますね。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

郷土愛が産み出す柿カレー

本日の中日新聞に道の駅で柿ナスカレーが販売開始の記事が掲載されました。
img320.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)
幸田どてで甘みとして砂糖の変わりに筆柿を使用した事が飛び火しました。
いろいろな人の協力で柿が食材に生まれ変ろうとしています。


実は僕の仕事場に家庭用の冷凍庫が最近知り合いに譲ってもらいました。
中にはこんなものが入っています。
091208_0910~01
さらに知り合いの飲食店の使っていない冷凍庫にこの倍の量が隠してあります。
柿の時期しか使用できなくては一過性で終わってしまうと思い、個人的に保管しております。
今後、この柿を使って飲食店に柿入りの料理を考案してもらう予定です。
もちろん、幸田町商工会青年部で考案した「幸田どて」も何処かの飲食店で食べれるようにしたいと思っています。


柿農家の方も高齢化が進み、廃業していく方が増えていると聞きます。
全国95%のシェアを誇る産業なのでどうにか盛り上げる手伝いができればと思います。
柿はわが町の誇りでしょうしね。
小さな事ですが、少しずつ膨らませていきたいと思っています。


コチラもどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

甘納豆ってこんなに甘かったけ?

嫁ブログの「不思議な仏壇スイーツ」
http://yuqee.blog42.fc2.com/
今回の試食は甘納豆。


納豆といえば甘納豆。
同じジャンルの物だと昔は思っていました。
納豆を食べる文化のない家だったので、一番最初に納豆を口にした時はてっきり甘いのかと思いました。
変な味だし、臭いし。
納豆はそれ以来口にしていません。


別に甘納豆も納豆も悪くないんですけどもね。


久しぶりに食べたのは甘納豆。
結構甘いんだね。
沢山は食べれそうになかったけども、結構美味しかった。


こんな古風なお菓子に濃い目のお茶もたまにはいいかもしれません。
お茶の漫画でも読みながら……
茶の涙はコチラで無料で読めます。
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/eden/tixyanon01_0001.html




コチラもどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

アートマン・ジャパンのメルマガ配信しました

一ヶ月半ぶりにメルマガを配信しました。
マメに更新しようと思うんですけども、つい忙しさに追われてしまって……すいません。


次回は3週間後の年末に発行する予定です。
お楽しみに。


アートマン・ジャパンのメルマガ「アートマン・ジャパンの仏壇アートな世界」を登録まだの方はぜひこの際にどうぞ!
また登録しなくてもバックナンバーを全て公開しています。
下記のサイトで確認ください。
http://archive.mag2.com/0000275598/index.html



コチラもどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

茶の涙

本日最終日を迎えた深溝本光寺の寺宝展。
なんと今日一日で約4000名の来場者があったそうです。
今年の6月に宝物館で開催した時に多い日で1000名だったので、ざっと4倍です。
スタッフの皆さんお疲れさまでした。


本光寺展の会場で知り合いの漫画家さんにお会いしました。
本当に嬉しい限りです。
楽しい一時でした。


お話していると書いている漫画がインターネットで無料で読める事を教えてくれました。
早速拝見。
面白かった&勉強になった。
茶の涙
茶の涙という漫画です。
日本茶をテーマにしていて、伝統の深さとユニークさを教えてくれる作品です。
出身が僕の隣町の西尾市だそうです。
この西尾市は抹茶の生産量日本一ですので、馴染みも深いんでしょうね。
日本茶愛さえ感じちゃいました。


ヤフーマガジンで無料で読めますので、1度ご覧になってみてはいかがでしょうか!
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/eden/tixyanon01_0001.html




コチラもどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

深溝松平ネットワーク拡大中

本日最終日となってしまった深溝本光寺の寺宝展「深溝本光寺は墳墓の地なり」
とても素敵な展示ですのでぜひ遊びに行ってください。
場所は幸田町町民会館内にある図書館ギャラリーです。
入場無料です。


小判の出土で一躍有名になった深溝松平家。
本当に素晴らしい武将です。
それをいろいろな人に話をしたら結構興味もっていただきました。


せっかくなので紹介させてください。
まずは三河武士をこよなく愛しいる漫画家の孔さん。
三河武士に会いたいというサイトでは家忠公が表紙を飾っています。
こりゃありがたい。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mikawabushi/
さらに三河武士のウンチクサイト・みかぶしトリビアにも家忠日記に書かれているイラストについて解説していただいています。
http://kesanji.blog115.fc2.com/blog-entry-46.html
ちなみにイラストはこんな感じのです。
k.jpg




さらに戦国ウエアブランドを立ち上げている「もののふ」さんも三河武士の本多忠勝ファンです。
http://www.mononofu-p.net/
その繋がりでいろいろとつなげてもらっています。
ブログで家忠日記の事も書いてくれています。
http://sinzenbi.blog82.fc2.com/blog-entry-460.html



徳川や松平の事を調べていると結構通説で考えられていた事とは真逆の事とぶちあたります。
日本人は判官びいきな所がありますが、勝者に成りえた事をもっと大切に思うべきだと思います。
三河人の気質が分かっている僕とすれば、一つ一つを丁寧にコツコツやるべき事をやった結果です。
当然運もあったと思います。


学ぶべき所が沢山あります。


生きるべき時に生き、死ぬべき時に死ねる潔さを持ち合わせていたのは三河武士だけです。
勝利の望んで命を差し出しのと、死に場所求めて無謀な死を遂げるのとは意味がちがいます。


そんな三河武士の事を知りたければ、深溝松平家の事に興味をもってくれれば幸いです。
ぜひ本日最終日の「深溝本光寺は墳墓の地なり」に足を運んでみてください。
詳しくは下記にて
http://moonmmoon.blog115.fc2.com/blog-entry-540.html



コチラもどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

何とか書類は受理されたようです

実はこっそりとトヨタ財団さんの地域社会プログラムに三河仏壇のプロジェクトを申請させてもらいました。
http://www.toyotafound.or.jp/03entry/index.html#1236067607
本日受領ハガキが届き、ほっとしています。
img318.jpg
問い合わせをしたのが締め切り数日前。
限られた短い期間で今後2年間の計画を作り上げて応募しました。



本年度のジャパンブランドでは自己資金という物が必要なく活動をさせていただいております。
次年度から補助されるのは自己資金の2/3。
大きな事業を計画したければ自己資金を沢山確保しなければいけません。
貧乏な組合なので財源はほぼ0。
賛同してくれる人間の財布だけが頼りになってしまいます。


夢を夢で終わらせたくないってだけで動いています。
三河仏壇の伝統をなんとかしたいんです。
誰かに相談もしなければ、愚痴も言いません。
立案者としてきっちりと責任をとる事だけが僕の使命です。


数年前の青臭い情熱だけの男ではありません。
行動と結果で示していくだけです。



マイノリティの中にこそ輝く物があると信じています!!




↓コチラもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

本光寺寺宝展・中日新聞掲載

本日から開催されている本光寺寺宝展「深溝本光寺は墳墓の地なり」が今朝の中日新聞に掲載されていました。
img314.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)


愛知県内版に掲載されました。
添付しますのでどうぞご覧になってください。


例の物……小判もしっかりと展示されております。
(新聞に載っていたので告知しても大丈夫ですよね)
出土した43枚のうち本物が6枚。
パネルでは全てを展示してあります。



幸田町におよりの際はぜひご覧になってください。
展示会の詳しい情報を知りたい方は下記へ飛んでください。
http://moonmmoon.blog115.fc2.com/blog-entry-540.html




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

本光寺寺宝展のプレス発表に行ってきました

明日から幸田町図書館ギャラリーにて開催される本光寺寺宝展「深溝本光寺は墳墓の地なり」のプレス発表に参加させてもらいました。
スタッフ扱いにしていただいた本光寺の副住職や幸田町役場の方々ありがとうございました。


今回は学芸員さんから直接説明を聞きながら、深い感銘を受けました。

展示会では撮影禁止ですが、広報の立場で特別許可していただきました。
幸田町へは来れない方々へ本ブログのみで見せれる範囲を公開させていただきます。



まずは深溝松平家についてお話を聞きました。
戦国時代のこの家系は壮絶です。
2代目・好景公は三河吉良家との戦いで討ち死。
3代目・伊景公は長篠の合戦で討ち死。
4代目・家忠公は伏見城の戦いにて討ち死。
主君家康の為に命を投げ出す勇猛果敢な三河武士らしい死に方をされています。
4代目の家忠公については、連歌、茶道、香道をたしなんでいた事が自書の「家忠日記」にて記述されています。
特に戦国時代の文化人の里村紹巴(さとむらじょうは)や小堀遠州、狩野探幽等とも交流があったようです。
家忠公は勇猛果敢なだけでなく「風流人」というのがぴったりの知的でお洒落な人物だっと思われます。
前田慶次郎を彷彿させるような武将だったと思われます。



その家忠公の肖像画がこちらです。
戦国武将らしい甲冑姿。
渋い。
SANY0112.jpg
肖像画の上部には家忠公の武勇伝?らしき漢字の文章が書かれています。
その中には織田信長や石田光成という名前も見つけられます。
時間のある方は探してみてください。
SANY0113.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)



この家忠公が伏見城の戦いで使っていたといわれているのがこの槍です。
SANY0116.jpg
これはただの槍ではありません。
武勇の誉れ高い源為朝公が使っていた矢じりを槍に改造した物です。
織田信長から貰った物かもしれないとか……凄すぎです。



武具つながりでサザエ型の変わり兜も展示されています。
SANY0117.jpg
こちらは3代目・伊景公が長久手の合戦の時に使用していた物です。
この時討ち死にしていますので、家臣が必死に守りぬいたのでしょうね。




そして今回の展示会のタイトルとなった「深溝本光寺は墳墓の地なり」というのを家訓にしたのは5代目・忠利公です。
その肖像画はこちらです。
SANY0114.jpg
5代目からやっと城持の大名になりました。
石高は少なかったのですが、伊達政宗や島津家と交流があったと日記にかかれています。
簡単に戦国のスーパースターの名前が出てくるのでため息がこぼれてしまいます。



もちろん忘れていけないのは、7代目・忠雄公。
去年の東海豪雨にてお墓が傾き、修復を兼ねて調査したら大量の宝物が出土した事で一躍有名になってしまいました。
今回の展示会でも出土品も展示されています。
これは石棺のフタのレプリカです。
ここにも「深溝は墳墓の地」の文字があります。
SANY0121.jpg
深溝松平家にとっては幸田の地は特別の物だったのだと思います。
領土だった長崎県の島原で亡くなっても遺体だけは深溝の地に埋葬したのです。
現在でも近いとはいえない長崎と愛知県。
その当時では大変な事だったと思います。
祖先の心情を貫き続ける凄い一族だと思います。


出土した印籠も今回も水につけて展示されています。
本光寺の宝物館で見た時よりも照明などがなされているので見やすいと思います。
SANY0119.jpg



もっともっと紹介したい事は山ほどあります。
本当に素晴らしい一族であるという事を沢山の人に知ってほしいです。
前回いろいろな事情で展示できなかった物も出展しています。
明日の中日新聞にて結構大きな扱いで掲載されると思います。
どうぞお楽しみにしていてください。



それから今回の展示会はもの凄い混雑が予想されます。
ぜひ初日の早い時期に来られるのをおススメします。



本物の戦国は三河にあります。



本光寺寺宝展に興味がある方はコチラもお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

必勝!! 合格だるま

gokakudaruma.gif


アートマン・ジャパンの新商品合格だるまの予約がスタートしました。
今回は三河仏壇・最年少伝統工芸士である彫刻師・石川博紀が担当しています。
当然ですが、仏壇に使う木材を使用しております。



SANY0098.jpg
なぜ合格だるまかと言うとフォルムが五角形になっているからです。
正面の顔が五角形
SANY0096.jpg
下から見るとやっぱり五角形
SANY0097.jpg



もともとという数字には秩序や調和の意味があり安定する数字です。
五感という言葉があるように数字の5は人間の感覚、あるいは感知できる世界のすべてを表しています。
人生の分岐点には自分の心と体の安定させる5の数字はぴったりです。


今回使用している木材は紅松です。
松はお正月に飾るおめでたい木で、昔から精気を呼ぶと言われています。
またほのかに香る松。
もともと松の葉には「パインニードルオイル」という精油成分が含まれており、ヨーロッパでは松の葉浴ってのがあるくらいです。
調べたら、松の葉浴にはこんな効果があるようです。
●呼吸系に良い殺菌・消毒作用で鼻づまりに効果的
●落ち込んでいる時に香りでリフレッシュ
今回使用しているのは松の木ですので、同様の効果があるかはわかりませんが、このだるまからは松の良い香りがしています。
自然が作る香りは心を穏やかにしてくれるはずです。



この合格だるまは全て手作りで作り上げます。
また今後受験シーズンには予約注文が集中すると思われます。
ご予約はお早めにお願いします。


ご予約は下記のフォームから受け付けております。
予約フォームへ






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

仏壇クンの目玉もとびだす忘年会

昨日はアートマンメンバーとお世話になっている方々と忘年会。
盛り上がってしまって仏壇クンと僕が壊れました。
091201_2102~01

091201_2108~01

091201_2305~01



昨日は試作品の見せ合いの場になってしまいました。
それはまた次のブログで紹介します。



物作りしている人たちと話ができると盛り上がります!
また刺激になりました。
しかし飲み過ぎ注意ですね。
SANY0090.jpg



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

父表彰される

父親が組合功労者として表彰されました。
褒められるのが大好きな父はすこぶる機嫌が良かったです。
そんな父と父が作る自慢の三河仏壇の前で記念写真です。
091201_1730~01



早速、額を購入して賞状を入れていますが、若干斜めになって入っています。
それくらいで丁度いいのだと思います。
091201_1730~02_0001
賞状もなぜここに来たのかと首をかしげているのかもしれません。



↓父親の受賞祝いにポッチと↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。