御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

2010年10月の記事

ハッピーハロウィン!

ハロウィンって近所の子供用にお菓子を用意する日だとアメリカ留学時代は思っていました。
仮装パーティって好きな人以外は馴染めないですよね。


僕がやるなら武将姿だな。
だって角がカッコいいじゃん。


ダンケはハロウィンを楽しんでいますよ。
角をつけて喜んでいます。
101031_0909~02


という僕は今から「筆柿グルメコンテスト」があるので出かけなくては。
本日のダンケは背中にリュックを背負っています。
お店に遊びに来た人はダンケにお菓子あげてね。
スポンサーサイト

いよいよ明日決定!筆柿グルメ・グランプリ!

昨年度末に提案公募型事業へプレゼンに行き認定を受けて、無事に事業化した「筆柿グルメプロジェクト」の第1段階がフィナーレを迎えます。
名古屋の愛知県商工会事務所へ行った事が懐かしく思えます。
良い案件がなければ1つも事業化しないと言われていたので資料を何度も訂正して完璧に仕上げていきました。
自分自身にとっても素晴らしい経験となったなぁっと感慨深く思っています。
(プレゼンの様子は愛知県商工会連合会の森瀬会長のブログでご覧ください)
http://kenseiren.net/blog/2010/02/22.html


204品のレシピの中で第一次審査を通過した15品を実際に調理してきてもらい、審査員に試食審査を行います。
何がグランプリになるのか?


予選通過した料理は下記の15品です。
●柿と芋とくるみの春巻き
●みんな笑顔!筆柿ぎょうざ
●幸田ごとうちばーがー「筆柿」
●筆柿と鶏肉のクリームパスタ
●筆柿入り梅干入りササミ揚げ
●筆柿入りてんぷら
●豚肉と筆柿のキムチ和え
●筆柿となすのスープカレー
●筆柿あんぱん
●筆柿プリッツ
●柿と牡蠣!?筆柿のチンジャオロースオイスターソース炒め
●かきフライのバニラアイス添え
●筆柿カツサンド
●筆柿入り鯛焼き
●黄金チャーハン筆柿和風あんかけ


想像していた以上にバリエーションが豊富で明日実際拝見できるのが楽しみであります。
一般試食は出来ませんが、見学は自由です。
お時間のある方はぜひ遊びに来てください。


会場は幸田町商工会3F
14:00から開始いたします。

TPP参加はやはり避けられないんだろうなぁ

最近興味があるのは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)です。
平成の開国と呼ばれていてよくニュースでこの言葉を聞きます。
TPPの関税の自由化によって今より海外の物がガンガン日本に入ってくる時代が来る。
ご存知でしょうが、日本の伝統産業は海外の安価な製品でガタガタです。
さらに安くなるのだから何が起こるか想像できます。


伝統=守る意識があるから不安になるのでしょうね。
今の現状が僕らの業界のたぶん底です。
まだ底じゃない産業があるならば補助金などの恩恵を受けてきた恵まれた産業だと思います。


日本は大量生産・大量消費する国ではもはやありません。
僕が生まれる少し前に戻っただけです。
僕のお爺ちゃんは半農家半職人でした。
農業が忙しくない冬の時期に職人仕事をしていました。
たったそれだけの量の仕事しか僕らの業界にはなかったのです。


TPPは僕にとって本当にチャンスです。
海外で個展をやったりして一番のネックは関税を含めた経費でした。
ただでさえ高い日本製品が関税がかかって高くなる。
外に攻める人にはTPPは有利にはたらきます。


すでにマーケットはグローバルな視野が必要です。
守りに入った産業に未来はありません。
二河白道(にがびゃくどう)を進むしかありません。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/166343/m0u/%E4%BA%8C%E6%B2%B3%E7%99%BD%E9%81%93/
これからの将来は綱渡りのような細い道ですが、ちゃんと前をむいてバランスをとれば足は進みます。
その先には仏が待っていてくれるはずです。

【岡崎学・講演延期のお知らせ】

台風14号の影響で明日行われる予定だった岡崎学での講演が延期となりました。
変更になる日程はまだ決まっておりません。
また後日日程は発表されると思います。


神のイタズラですね。
NY個展の時のように延期した事がプラスに働くのかもしれません。
超多忙な1週間だったので、気楽になりました。


明後日には筆柿グルメ・コンテストが開催されます。
そちらに標準を切り替えます。
昨日も深夜までコンテストの準備と打ち合わせを商工会でやっていました。
いよいよって感じです。

仏壇ナイトin名古屋の資料作成しました

初の名古屋開催する「仏壇ナイト」
http://homepage2.nifty.com/artman/bdnightnagoya.jpg
今回のテーマは「仏像」についてです。


本家の仏壇ナイトで1度やったテーマですがかなり手を加えてみました。
折角なので僕のオリジナルのキャラを使って解説いたします。



表紙


仏像の違い


あんまり詳しく紹介してしまうとネタバレになってしまうので、当日のお楽しみに。
仏像の基礎中の基礎からスタートしていきますので、仏像の事全然分からない人でも楽しめる内容にしました。
お酒も出しますので、大人の知的な夜をお楽しみください。


会場は名古屋テレビ塔・オアシス21の直ぐ近くにあるギャラリー東櫻さんで19:30分からスタートします。
11月19日(金)に開催です。
会場の詳しい事はギャラリー東櫻さんのHPで確認ください。
http://www.touou-gallery.com/
会費は2000円(ドリンク代込み)です。
会費の一部はドイツ国際平和村に寄付させていただきます。


仏壇ナイトへ来た人はお寺散策に行きたくなるのは間違いないでしょうね。


ロボトケ

筆柿グルメ1次審査が行われました

筆柿グルメのレシピ募集が金曜日に締め切りをむかえました。
いろいろな所で告知した事もあり206件の応募がありました。
2週間前にはたった3件だけの応募でしたので、短い期間にこれほど沢山集まったと驚きです。
フルーツを料理に使うという難しい条件だったので応募数はあまり期待していなかったんです。
質の良いレシピが集まればよいなぁって考えていました。
本当にありがとうございました。


そして昨日幸田町商工会で1次審査を実施して、2次審査に進む15品が決定いたしました。
10月31日にその15品を実際に食してグランプリを決める事となります。
はたしてどんな料理がグランプリを受賞するのか楽しみです。
幸田町の顔になる料理が誕生するかもしれません。


2次審査は一般の方の試食はありませんが、見学は全然オッケーです。
どんな料理がならぶか興味のある方はぜひ幸田町商工会へ来て下さい。
コンテストは2時から実施されます。


楽しみです。

明日からビジネス交流会に出展します

第6回かわしんビジネス交流会に明日、明後日と出展いたします。
会場は豊川市総合体育館です。
ブースは36番。
折角なのでジャパンブランドを全面的にアピールしてきます。


良いビジネス交流ができると良いなぁって思います。


B-1グランプリに出場した豊川いなりさんも出展しているようです。
筆柿グルメの参考になればとお話も聞いてくるつもりです。

今頃盆休み

数カ月ぶりに2連休をとって岐阜へ一泊旅行をしてきました。
飛騨高山~下呂温泉~郡上八幡のちょっと近場で遊んできました。


実は10月18日は愛犬ダンケの1歳の誕生日。
それにかこつけての休みでした。


いつも旅行というと強行軍でしたが、愛犬のペースにあわせた旅行でしたのでゆっくりしました。
ただ歩く距離が数倍。
またダンケは超階段フェチで、階段を見ると駆け上がります。
下呂温泉がまた丁度良く階段の多い街でして……。
とても良い運動をさせていただきました。


久しぶりにパソコンも開かず、小説も読まず、気楽に過ごせた2日間でした。
また明日からボチボチ頑張りますからね。
実際はボチボチでは済まされないですけども。
いつものフルスロットルです。

【筆柿グルメプロジェクト】本日夕方のNHKで取り上げられます

昨年度、幸田町商工会青年部の部長時代に立ち上げた企画「筆柿グルメプロジェクト」
現在は役員改選で新体制となって引き継がれています。


この企画は幸田町の特産品である「筆柿」を使って料理アイデアを募集し、その料理を幸田町商工会加盟の飲食店で食せる場所を作るグルメで町おこしをするプロジェクトです。
ちなみに筆柿の全国シェアは幸田町が95%です。
(残りの5%は幸田町に隣接する市町村)
幸田でしか食せないのが「筆柿」という果実なんです。


しかしながら、現在幸田町で筆柿を食べれる場所ってのは本当に少ないのが現状です。


そんな中、本日NHK名古屋のほっとイブニングの中継コーナーで筆柿グルメを取り上げていただける事となりました。
メインで出演するのは現在の部長・副部長さんです。
テレビに出るのは初めてですので、どうなるのか楽しみにではあります。


一般募集したレシピの方は先週末の時点で80弱ほど集まりました。
後は筆柿グルメを提供してくれる協力飲食店の確保です。
ぜひいろいろな人にこの企画に参加してもらいたいなぁって思っています。


筆柿グルメプロジェクトについて詳しい事は下記のサイトをご覧ください。
http://www.sk2.aitai.ne.jp/~kotasho/seinenbu/f-project/f-project.htm

デザイン会社「LivE DoG」立ち上げました

リブドッグ


デザインの依頼が増えてきたので、とうとう立ち上げました。
会社名は「LivE DoG」リブ・ドッグにしました。
「GoD EviL」(邪悪な神)を逆にしています。
なので良い神になり縁起の良い会社名です。
こういう遊び心のあるデザインを心がける意味もあります。



リブドッグキャラ
会社用のキャラクターはもちろん愛犬ダンケをモチーフにしました。



HPには今まで製作したキャラクターデザインなんかもアップしてあります。
良かったらご覧ください。
http://www.livedog.net/
仏壇屋の仕事よりも忙しくなるように精進します。
僕らしいユニークなデザインのトータルコーディネートをしますのでお気軽に声をかけてください。

科学が進歩すると人が消え、祈りの建造物が残る

古代の遺跡で現存している物の多くは宗教的(墓も含む)な建造物のような気がする。
そこには高度な文明と思想があったはずです。


エジプトやアステカのピラミッド。
カンボジアのアンコールワット。
イギリスのストーンヘンジ。
イースター島のモアイ像。


多くの建造物から人は消えてしまった。
開拓者に発見されて今では観光地となって再び脚光をあびています。


過度の科学の発展は文明を滅ぼすと思います。
科学の進化は神の領域に踏み込ます。
人間の力が及ばない所は作っておくべきです。
科学が全てだと思い、人々が神仏への信仰をなくすと文明は崩壊しています。
文明の地から人々が消え、残るのは神々にささげた人工物だけです。


仏壇やお墓に手を合わせない時代となってきました。
死のメカニズムが科学で解明されて祖先という考え方も変えざるおえなくなったとします。
日本人は日本人の精神を形成しつづける事ができるのだろうか?


神を試すなとは良く言ったものだと思います。


信じるという事は何よりも強い。
心の柱を揺るがす行為ってのは愚でしかない。


現在の世界遺産の多くは人々の信仰の力が集まって出来上がっています。
この後の世界も人々が消えて人工物の遺産が残るだけかもしれません。


世界滅亡するのは人々の信心が消え去った時に起こるのかもしれません。


日本固有の先祖と暮らす考えを具現化したのが仏壇です。
仏壇を大切にする事が文明を維持する事になるかもしれません。
数値に表す事が出来る物だけが全てではありません。
そんなパワーをもらう為のグッズが仏壇だったりするかもしれません。


僕の出来る事は仏壇の大切さを伝えるトークをするだけです。
案外、それで世界平和のお手伝いができたりして。

10月15日は仏壇ナイト&誕生日

何の因果か次の仏壇ナイトの日は僕の39歳の誕生日。
来年は前厄なのか……気をつけようっと。


仏壇ナイトでは2度目のあの世講座を行う予定だったのですが、変更いたします。
僕の人生を振り返ります。
って言うか仏壇業界に入ってから現在に至るまでの活動をダイジェストでまとめてみたいと思います。
10月30日(土)に岡崎学という講座の講師をやるので、その予行演習も兼ねさせてください。


僕の心の葛藤は常に2つの相反する物が振り子のように揺れる事で起きています。
それは300年続く伝統という「文化的な側面」と仏壇店経営という「経済的な側面」です。


純粋に伝統を守りたいという思いは常にあります。
しかし、1000万円近くする伝統的工芸品が売れなくなってきた現在では、安価な工場製品や海外製品も取り扱わなければいけません。
親が築いた「都築仏壇店」を潰すわけにはいきません。


自分がどうすれば良いのか?
今やっている事は正しいのか?
答えを導き出す為に自分がやれる事を一つ一つ実践して今に至っています。
本当に多くの失敗をしています。
失敗を生かす事しか、進む道を見つけ出す方法がないと思っています。
おかげで人を見る目は肥えてきました。
いろいろな所に寄り道もしたおかげで知識も経験も豊富になりました。
人間力だけはついたと思います。
儲からない事をやっているから、素敵な人だけが集まってきてくれます。



その経験値のアップで中々見えてこなかった進む道がうっすらと見えてきています。
僕が見る未来、そして歩いてきた道をいろいろな資料を使って説明したいと思います。
何かをやらなきゃって思っている人には必見の仏壇ナイトになるはずです。
補助金申請の方法も教えちゃいますよ。
参加人数は限定20名までです。
気軽にご参加ください。


今回もJR幸田駅まで送迎ありです。
気軽に問い合わせください。
詳しくは下記のサイトをご確認ください。
http://homepage2.nifty.com/artman/butsudannight9.pdf
どうぞお待ちしています。

三河武士愛を深めるブログ「家康公検定」

先月末に実施された家康公検定。
忙しくなければ僕も受けたかった。
実はその試験が行われている頃、浄土寺の大全さんと家康公検定を盛り上げるイベントに参加しておりました。


僕は知る人ぞ知る「戦国マニア」です。
特にマイナー三河武士には思いいれがあります。
マイナー三河武士愛が強くて仏壇ナイトで「戦国ナイト」を実施してしまったくらいです。


岡崎には家康公という巨大な武将がいます。
彼の偉業は海外ではナポレオンやチンギスハン、アレキサンダー大王にも匹敵するような事を行っています。
国土を統一して泰平の世の中を作り出した世界的にも数少ない英雄の一人といっても過言ではありません。


しかしながら、日本において英雄談よりも美談を好む国民性で家康公は不思議と不人気。
自殺的な死に方をした6文銭の旗印をつけた武将のが人気があるなんておかしいと思います。
その6文銭の旗印が後世に残ったのも三河武士・本多忠勝がいたおかげなのですが……。
そちらの方が美談です。


三河武士になると熱くなってすいません。


そんな三河武士愛を深めるには、マイナーな知識が必要とされます。
そこで有効なのがコチラのブログ。
「松平八代・徳川家康公検定」
http://ameblo.jp/matsutoku-kentei/
たぶん岡崎商工会議所さんが運営していると思います。


戦国最強の三河武士。
田舎侍とバカにされながらも一枚岩で最前線で戦いつづけたハートの熱い家臣が沢山いたからです。
親子でも殺しあい、平気で裏切る下克上の時代です。
それを束る事ができた徳川家康という人物は間違いなく人格者だと思います。


歴史を学べ学ほど、僕は三河地方に生まれた事を誇りに思えます。

【筆柿グルメ・コンテスト】先着50名に筆柿無料配布のお知らせ

昨年、僕が幸田町商工会の青年部長だった頃に立ち上げた事業が「筆柿グルメプロジェクト」です。
http://www.sk2.aitai.ne.jp/~kotasho/seinenbu/f-project/f-project.htm
愛知県商工会青年部連合会の公募型事業として認定をうけて、現在実施しております。


企画運営も順調に進んでいましたが、よからぬ邪魔が入りました。
それが猛暑。
筆柿もご他聞に盛れず、猛暑の影響をかなりうけております。
本来ならば収穫のピークを迎えているはずのこの時期に筆柿が入手困難になっております。
また値段も高騰。
筆柿グルメの企画の柱である、一般の方からのレシピ募集が集まりにくくなってしまっています。


そこで明日、幸田町商工会で先着50名に筆柿を2個だけですが無料提供する事となりました。
取に来て頂ければどなたでも1家族に1回プレゼントいたします。
ぜひ、その筆柿を使って料理レシピを考えてください。


また、筆柿の出荷状況の遅れもあった事からレシピ募集の期間を1週間遅らせる事としました。
若干ゆとりが出来ましたので、楽しんで料理を創作してみてください。


ちなみに配布する幸田町商工会は下記にあります。
額田郡幸田町大草長根尻100
0564-62-0120
http://www.sk2.aitai.ne.jp/~kotasho/top.htm
窓口にいる事務局さんに「筆柿ちょうだい」でオッケーです。

ジャパンブランドの試作品図面が完了しました

現在、三河仏壇振興協同組合の有志でジャパンブランド事業に挑戦しております。
仏壇の製造技術で海外で売れる商品を開発し、伝統産業の復興をするプロジェクトです。


ブランド名は「ソーゴン・スタイル」
三河仏壇の特徴である荘厳華麗さを名前の由来にしています。


3ヵ年計画の本年度は消費者が買いやすい商品の開発を実施しております。
現在参加しているメンバーが試作品のアイデアを考えて、それを僕が図面にしてきました。
その図面が本日メンバー分全て完了しました。
その数15種類。
とても面白い商品ライナップが出来ました。


このプロジェクトでは商品開発において極力デザイナーさんと組みません。
デザインの大切さは良く知っています。
しかし、この三河仏壇という独特の製作技術と多様さを知ってもらうのにはかなりの時間を要します。
職人を生かすデザインが出来なければ、伝統産業の維持は無理です。
デザイナーさんに頼るのは楽ですが、それでは僕らのデザイン力は一生あがりません。


今、伝統的な工芸に求められているのはセルフプロデュース力だと思います。


だから、大変なのは承知で全ての図面を僕一人で行いました。
職人が作れるデザイン、三河仏壇の特徴が出るデザインを意識して製作しました。
現場から発信のデザイン、そして三河仏壇じゃなければ作れないデザインが出来ました。
ちょっと僕の趣味が色濃く出てしまったかもしれませんが……。


15種類(バリエーションを含めるともっと多くなると思いますが)の試作品はきっと世間を驚かせると思います。
来年の2月に開催される東京ギフトショーでの出品しますので楽しみにしていてください。


でもちょっと一例を先に紹介。
これは僕の企画デザインだから発表しても大丈夫でしょう。
伝統的な音が鳴る仏具を現代風にしてみました。
101005_1425~02

ヘッドホンのメーカーさんとのコラボ先募集しております。
ぜひ三河仏壇までご連絡を!


今後は漆を塗ったり金箔を押したりして、もう少し「ソーゴン」に仕上げていきます。
乞うご期待!

ご心配おかけしております。元気ですよぉ!

久しぶりのブログ更新になってしまいました。
超多忙な日々を過ごしておりました。
昨日開催された三河仏壇の展示会が無事に終了して、ほんのちょっとだけ心にゆとりができました。


実は現在進行中のジャパンブランドの試作品開発の初お披露目が展示会内で行われました。
その図面や資料製作を仕事の合間を見て行っていたのです。
時間は作る物だって思っていましたが、時間ってのはやはり限られた物だと実感。
僕は天才ではないのでアイデアもポンポンとは湧いてでてこない。
だから毎日試作品図面の事ばかり考えていました。


ちょっと精神的に煮詰まってきた時期から始めたのが早朝の草取りです。
庭の草をとるだけの事ですが、これが気持ちが落ち着く。
最近、草取りにはまっています。
毎朝、30分~1時間くらい草をとっています。
その前に愛犬ダンケの散歩も行くので、いったい何時に起きているのかって突っ込みが入りそうです。


昔からアイデアが湧かない時は極力脳を使わない単調作業をするようにしています。
そして単調な作業をしている時に不思議な事に下りてくるんですよ。
デザインやアイデアが。
僕の作品の殆どは「無」に近い精神状態の時に湧いてでてきています。
僕にとってこの単調作業というのがとても重要な時間だったりします。


草はとても良い遊び相手です。
抜いても抜いても生えてくる。
エンドレスです。
草を抜いているといろいろな草の種類があるのに気づきます。
根っ子が最後まで抜けるとちょっと感動しますよ。


少し前までは早朝の草取りでも汗だくになったのですが、今は本当に気持ちが良い。
土を触るって事は本当に心に良い事だと思います。
ちょっとブログよりも大切にしてしまいました。
これからは草取りとブログを両立させていけると思います。


とは言ってもやる事目白押しです。
忙しいは良い事だ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。