FC2ブログ

御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

「平成宮殿厨子」外観・完成

宮殿師一家の皆さん総動員で驚異的なスピードで仕上げていただき、
何とか「平成宮殿厨子」の外観が完成しました。
彫刻もメンバーの彫刻師が必死に間に合わせてくれました。


今までは仏壇にかっこよさを求めてきました。


今回は「美しさ」です。
屋根の上には飛鳥時代の建築物によくみられる鴟尾(しび)がついています。
これがまた美しい。
080711_1222~01

千年以上前に作られた「玉虫厨子」&数百年前の建造物「陽明門」。
時代の一流の職人が手がけ、それを取りまとめて指揮をした最高傑作の2つ。
それをモチーフに300年つづく仏壇製造技術をフィルターとして使い、誕生した「平成宮殿厨子」
080711_1223~01


僕の無茶な要望にこたえてくれた職人達。


美しい物は心に響く。
今回の物は例え売れなくとも、時代の一ページに名を残す作品となるだろう。


日本が誇る最高の宗教芸術は「仏壇」だと思う。
宗教用具としての存在が多くの人の目をぼかしてしまっていた。
そんな曇りを取り払う作品にしたい。


今後は漆塗り、金具製作、金箔、組み立て。
ニューヨーク郵送までの残り時間は一ヶ月強。
今後は時間との勝負。
残りの仕事を塗師さん&僕、がんばりましょう。
スポンサーサイト