御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

金が綺麗に見える光

僕が作る仏壇はキンピカです。


金は豪華に見える反面、下品にも見える。
蛍光灯の光ではどうしても下品な感じになってしまう。


最近、仏壇にあてる照明にこだわっています。
写真は我が店にある最高級の仏壇。
080721_1053~01
価格は約1千万円。
高いには高い理由がある。
製作日数は約9ヶ月。


でも、仕入れる安い仏壇と同じに見えてはいけない。
金の美しさが引き立つ照明ってのは大切。


確かに伝統工芸の仏壇は圧倒的な迫力がある。
照明をあてることでその良さがかなり引き立つと思う。


扉の金箔の色も中々です。
080721_1053~02
カメラのフラッシュのせいでよく分からないか。


仏壇があることで燐とした雰囲気を作り出せる。
そんな空間つくりってのが面白い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。