御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

守・破・離

武道や芸道の修業をする段階を現す言葉に「守・破・離」という物があります。


「守」はひたすら師からの教えを守りぬく段階


「破」はあえて教えを破り、次々と新しい試みに挑んでいく段階


「離」は師から独立して自分の流儀を完成させていく段階


基本をとことん学び、いろいろなから吸収して、最後に自分らしさが出来上がるという事を言っています。



「守破離」は単に武道の世界だけの教えではない。
学問も経営も技術も、すべてにあてはまる。
師に教えられて師に止まっていては発展はない。
古武道に出発して古武道の中で止まっていたのでは、後継者としての存在価値はない。
師をしのぎ、伝統を越え、親を超越して、より高い次元に発展成長してこそ文明の進歩がある。
「守破離」とはその意味の言葉である。



とある本に書かれていた一文。
なんか感銘をうけました。


一つの事を成し遂げる事は本当に奥が深いって思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。