FC2ブログ

御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

平成宮殿厨子の細部

外観のみでも際立った美しさの「平成宮殿厨子」
ディテールもかなりこだわりました。
080913_1114~01


まずは屋根の部分。
正面と真裏は唐破風(からはふ)にしました。
(屋根のうねっている場所の事)
一番上には飛鳥時代の建造物によく見られる鴟尾(しび)を取り付けました。
全体的に真っ黒の漆で仕上げています。
080913_1114~02
080913_1114~03


下の部分。
蓮をイメージした彫刻を台の上部に取り付けています。
扉の内側の全てに流れる雲を全体的に彫刻してあります。
その彫刻の上に金箔を押してあります。
080913_1115~01


昨日、完成の姿をドキュメンタリー番組が撮りに来てくれました。
丁度照明があたっていたので綺麗に撮影できました。


この姿が見られるのは14・15の2日間。
16日には梱包してしまいます。
この連休に三河地方に来られる方はぜひご覧になりにきてください。
2日間は僕も店で仕事をしていますのでね。
スポンサーサイト