御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎

僕が本が大好きだというは、一部の人間しかしらない。
週に2、3册の本を読んでいると知ると嘘だと思う人が多い。
知的な人間に見えないのが原因らしい。

そんな僕が最近めっきりはまっているのが司馬遼太郎の本。
はまるきっかけは徳川家康です。
「覇王の家」という本を読んで三河武士の生きざまを知ってからはずっぽりです。
徳川三部作を読まなくてはと思い、その後「関ヶ原」、「城塞」と手を出してしまった。
この本を読破するのに1ヶ月はようしてしまうほどの大作です。

だがこれを読めば間違いなく戦国通になれます。
サムライ三河武士へ参加しなければきっと読まなかったんだろうなって思います。
また天下布武プロジェクトに参加しなければこれ程詳しくなろうと思わなかったんじゃないかな?

そんな戦国通は代官山へ集れ!
戦国ART祭り
11月16日~18日
代官山ヒルサイドテラス
アートマンも参戦します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。