FC2ブログ

御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

ユルキャラが幸田にもあった

僕は現在幸田町の商工会青年部の部長をやっています。


今年まで継続的にやっていた子供向けのトライアスロン大会を中止する事を決断しました。
継続事業を止めてしまう事は本当に大変でした。


その代わりになる事業を今計画中です。



まずはネットで何か伝える事を計画しています。


そんな中、幸田の商工会が作った地味で息の長いキャラクター商品があります。
それが「彦左人形」
大久保彦左衛門を模したコケシです。
081113_0916~01


081113_0916~02



18年ほど前に創られ、今もたまに売れるロングラン商品です。


この商品を復興させようプロジェクトを僕がさっき決めました。
「いつかはオスカー像のようにセレブの胸に」を目標にしていきます!


クロートのようにアーティストコラボもありだと思います。
色をパントーンのように増やしていくのもありだと思います。
ぜひ活用方法を教えてください。


僕が部長になっている任期は再来年の3月まで。
それまでにセレブの胸に届くようにしてみたいです。
スポンサーサイト