FC2ブログ

御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

境界について考える

昨日の日記に続き十牛図より感銘を受けたシリーズ。


それが境界についてです。
境界とは住む世界の事の違いです。
本から引用させてもらいます。


雀の境界は雀ではければ分からん。
鶏の境界は鶏でなければ分からん。
魚の境界は魚でなければ分からん。
この寒いのに水の中で暮らしておるが、まぁ気の毒なことじゃ。
かわいそうに、せめてお湯の中へでも入れてやったらなどというたら魚は死んでしまう。
魚の境界が人間に分かるはずない。


同じクリエーターでも世界を目指す人と目指さない人では境界が違う。
なぜ金にもならない事をするんだろうって疑問に思うだけで答えは導き出せないだろう。
志の違いは大きな隔たりを生んでしまう。


志の大きな人は志の小さな所へ行くことはできる。
しかし、志の小さな人は大きな人の所へ歩み寄る事さえも出来ないだろう。
居心地が悪くて仕方ない。


紳士は乞食になれるが、乞食は紳士にはなれない。


紳士にも乞食にもなれる境界のない人間が素晴らしいのだと思う。
スポンサーサイト