御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

たまには仕事の風景でも

年末に向けて仏壇の組み立ての仕事がラストスパートです。


僕の仕事は仏壇の何でも屋です。
職人のような事をやったり販売員になったり、掃除したり。
全てをこなします。
だからいろいろと勉強ができます。


そんな中、現在は年末に納品する仏壇を組み立てています。
こいつは江戸時代頃のヤツの仏壇で、今と構造が違います。


現在屋根を組み立ていますが、マスがバラバラです。
081212_1614~01
写真は金箔を押した状態。
適当に板の上に並んでいます。


それを取り付ける部品ごとに分けていきます。
081212_1636~01
実は分解した時に取り付け位置をパーツに記入してあります。
これが消えていたらパニックでしたが、運よく残っていました。
でも分けるのだけで1時間くらいかかりました。


最後は根気良く組上げていきます。
まるでパズルです。
081212_1821~01
まだ途中ですがね。


古い物を直すと勉強になります。
毎回違うので工夫が必要だったりします。
毎日が同じことの繰り返しだったら僕は発狂してしまいます。
画一化されていない事って面倒です。
でも面白い。


NYから帰ってきて燃え尽き症候群のようになっていました。
中々やる気が湧いてこなかったです。
こういう仕事があるから助かります。


本格的な職人になりたかったが、なれなかった人間です。
だから職人仕事をやれる時は嬉しいです。
後2日で完成する予定です。


そうすると正月がもう間近です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。