御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

いよいよ正月モード!門松登場

もういくつ寝るとお正月って片手で数えられるようになっちゃいましたね。
都築仏壇店の店先も完全正月モード突入です。
門松登場です。
081227_0908~02


ちなみに門松について
門松はありがたい神様が地上に降りてくる時の目印です。
門松の中に神々が宿るとも考えられている地域もあるそうです。
そんな神々をお迎えする役目もある門松に松・竹・梅や千両・万両の縁起物を使ったりします。


仏壇屋だから神々とはって思う人は固いです。
明治維新前までは本地垂迹で神仏は融合されていたんですからね。
その懐のでかさが日本宗教の良い所。


ちなみに僕は正月にお年始の挨拶を兼ねて、神社5件、仏閣20件以上一日で回っています。
毎回手だけは合わせています。
いつの頃からかお願い事はしなくなりましたが。
神仏に願いをするもんじゃないと本で読んでから手を合わせるだけにしています。
神仏は見守っていてくれるだけで十分です。
無事が一番って事ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。