御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

三上山と御上神社

滋賀へ行ってきました。
嫁さんの実家へ行くというプライベートの用事でしたけど。


そんな中でも神社仏閣へ行くのは当たり前。
完全にライフワークですからね。
嫁さんの実家の直ぐ近くにあるのが近江富士と呼ばれる三上山。


俵藤太のムカデ退治で有名な山です。
(弓矢の名手である俵藤太(藤原秀郷)が瀬田橋の上に横たわる大蛇に、
三上山に巣くうムカデ退治を依頼され、
唾を付けた矢によって、見事、ムカデを退治する話)


その麓にあるのが御上神社。
歴史は古く1300年程前から鎮座する社です。


ここに訪れるのは嫁と結婚する前だったから、実に14年ぶり。
近いから訪れないって事もあります。


国宝の社殿や重文の楼門は質素ながら綺麗なつくりです。
090126_1541~01


千年以上人びとから信仰されていた場所ってのは燐とした雰囲気があります。
元々は御神体を作らず山を信仰する古代宗教だったらしいです。
きっと昔は三上山は足を踏み入れていけない神聖な場所だったんだろうなぁ。
今では公演が出来ていて多くの人がマイカーで乗り入れています。


ここらの土地は結構古代好きにはたまらないスポットです。
地味ですけども。
巨大な磨崖仏(まがいぶつ)があったり。
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot_around_938.html
銅鐸博物館があったり。
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=722


古代のロマンを感じさせる良い場所です。
京都のように雰囲気をぶち壊す観光客が少ないのがまたたまらないですねぇ。
ただ地味なので、僕に付き合わされる嫁が喜びません。
もう少し地元愛に目覚めてくれればなぁって思ったりします。


滋賀県は本当に良い所です。
地味ですけども……。
あと、かなり寒い。
でも良い所です。


今週のメルマガを本日配信しました。
良かったらご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0000275598.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。