御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は立春大吉という事で

石川県での講演の打ち合わせで名古屋へ行くようがあったので栄のデパート群をぶらりとしました。


まずはラシック入口に鎮座しているリクルート社プレゼンツ「恋するハチ子」像に驚く。
ゴージャス&リアル。
写真を撮て持ち歩くと恋愛が成就するそうだ。
別に恋愛とか関係なく女の子に交じって写真を撮りまくりました。
せっかくなのでかっこよく撮りたいと思い何度も携帯の角度をかえたりしてみました。
090204_1358~02
詳しい子事は下記のサイトでどうぞ。
http://zexy.net/mar/news/0805hachiko/


その後、隣の松坂屋へ
三河で一番有名な造り酒屋さんの関谷酒造の立春の朝にしぼった(本日)縁起の良い生酒を購入。
元旦搾りってのは知っていましたが立春搾りなんてのがあるとは。
090205_0736~01
中々のお味でした。
http://www.houraisen.co.jp/


僕は昔から節分を一年の節目として考えていました。
家に引っ越したのも2月4日でした。
これから1年のいろいろな事がはじまるんだなぁ。
おかげで予定がいっぱいで忙しい。


ちなみに「立春大吉」は左右対称の文字が集合していて、表から読んでも、裏から字を透かして読んでも「立春大吉」となります。
洒落た文字で縁起良い。
人々はいろいろな事に縁起をかついできたんですね。
「恋するハチ子」さんも「立春大吉」も同じです。
「何かうまくいきそう」って思えば「きっとうまくいく」はずです。


うまくいった場合には例え「恋するハチ子」さんでもお礼まいりしましょうね。
次はどこにいるのかはわかりませんけどね。
日本は縁起、その後お礼という流れで信仰ってのが出来上がった国ですからね。
自分のお願いばかりしているとバチあたるよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。