御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

岡崎のお寺探訪になってしまいました

昨日は思いもよらない発見をしました。
それは岡崎市の松本町界隈。
ここはお寺のエンターテイメントでした。
雰囲気が良い。
映画のロケ地に使えますよぉ。


なぜここに行ったといいますとワラジを買いに行ったんです。
明日、岡崎のタウン誌「リバ!」の撮影が大樹寺(徳川家の菩提寺)で行うんです。
僕のワガママでメンバー全員が鎧を着ることになりました。
(僕のイメージは戦国武将ではなく戦国風エグザエルです)
その備品としてワラジを買いに祭用品店にお邪魔したわけです。


ですが売り切れ。


連絡すると地下足袋でも良いとの事。
神輿担ぐ時に使うので家にあると判明。
だったらいいかという事になりました。


そのまま手ぶらで帰るのもなんなので祭用品店の近くのお寺を探索する事となったわけです。


まず最初に行ったのはそのお店のすぐ隣にある「松応寺」さん
090228_1553~02
この門前が素敵です。
お寺の一番近くにあるスナックで一杯やりたい。
このお寺は実は徳川家康のお父さんの菩提寺。
全く知らなかった。
三河の三十三観音霊場の一つになっています。
ここは訪れるべし!


その「松応寺」さんの門前を脇にそれると不思議な空間に社がありました。
ここの場所と雰囲気がいい。
昭和ですよ。
090228_1550~01


この地区には松本観音さんだとか伝えたいお寺が数件あります。
長くなるなので飛ばします。
(僕はちゃんと手を合わせてきました)


少しエンジンがかかった僕は車に乗りこみ、ナビでこの地区の地図を見るとお寺が多い。
その中の一つに観音寺というのがありました。
なぜかその名前に惹かれて車で移動。
自分の予想は100点。
ここは最高です。


お寺の中に西国三十三観音霊場めぐりができるスポットがありました。
090228_1607~03
もちろん一周してきました。
さらに境内にはゴルフボールを埋め込んだ素敵な歩道も。
090228_1606~01


来てくれた人が楽しんで帰ってもらうというエンターテイメント性のあるお寺は僕は好きです。


仕事時間に探訪していて、気がつくと2時間ほどたっていました。
これ以上は仕事に影響するだろうと後ろ髪をひかれる気分で帰宅。


さすが徳川300年の歴史を生み出した町。
懐が深い。
次は時間を作ってご住職さんにお話を聞きながら回りたいと思いました。


最近、気にしているサイトに三河三十三観音霊場巡りの全て網羅されています。
http://www.aruku88.net/kannon/mikawa33/index.html
全て歩いて回りサイトを作ったこの方を僕は本気で尊敬しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。