御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

ウルシカ(仮名)

前回のクリマで発表した漆塗りの牛のスカル。
あれはプラスティックの作り物だった。


意外と評判が良かったので動物の頭蓋骨を探していました。
案外高いんですよ。
最近貧乏な僕は作品への投資ができずに躊躇していました。


そんな時、とある方から提供していただいた物があります。
日本固有の動物・エゾジカのスカルです。


北海道の産業としてこのエゾジカの骨を売って豊かにしようというプロジェクトがあるそうです。
そのお手伝いをしている方から試作用としてお借りしました。
090213_1527~01


この鹿の骨、異常にデカイ。
こんなに大きいのはめったにないとの事。
ありがたいけど扱いが大変。


とりあえず、塗師のito君の作業場へ持ち込みました。
2人でスカルをみて笑うしかない。


しかし、最近のito君は違うね。
塗りました。


漆黒のエゾジカのスカルはカッコいい。
とは言ってもito君のブログでしか見ていないんですけどね。
詳しくは下記のサイトへ
http://fine.ap.teacup.com/artman/277.html


今問題になっているのはこの作品の名前。
現在、「ウルシカ(仮名)」と呼んでいます。
もちろんito君の得意な駄洒落です。
ito君のブログで名前を募集しております。
ぜひよきアイデアがあれば参加してください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。