御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

「告白」を読みました

今年度の本屋大賞を受賞した小説「告白」を読みました。
http://www.futabasha.co.jp/introduction/2008/kokuhaku/
HTbookCoverImage.jpg


面白かったです。
内容は江戸川乱歩賞っぱい感じかもしれないです。


教師が学校につれてきた自分の子が事故死をしてしまう。
その犯人が自分が担任している生徒の中にいるという一種の謎解き。
少年の心の闇にも深く入り込んでいる社会派なテーマでもあります。


書き方や展開は普通ではない。
それが新鮮でまた読みやすかった。
久しぶりに時間を忘れて一日で読んでしまいました。
内容は暗いですけども、オチがしっかりとしている小説は話がしまります。


それにしてもこれだけ本が沢山出版される時代になると~大賞受賞とか~さんがお勧めの本って売り方しないと売れないですね。
地味だけど面白い本って結構いっぱいあるんですけどね。
ミーハーな僕も~大賞の本って書いてあるとつい手が出てしまうんですよね。
週に3冊程度は本を読むので、自分の読みたい本がない時はどうしても購入する判断材料にしてしまいます。


大賞受賞の作品が大はずれする事はないですから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。