御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

脳死は人の死?

臓器移植法の改定が決まりましたね。
こんなにあっさり決まっていいのかなって感じです。


脳死が人の死であるって決まったのと同じです。
臓器移植のニーズが高まるからって十分な話し合いもなく決めちゃっていいのかなぁって思います。


臓器提供で助かる命、臓器提供で失わざる命。
もらう側の論理が強いんですね。


僕は心臓停止が人の死だと思います。
そう思うのは心の位置の問題です。
悲しい時に心が痛む。
この時に痛いのは脳ですか?
心臓あたりでしょ。


日本の宗教的な死生観では脳死を受け入れるのは難しいと思います。
死とは尊い物です。
死とは神や仏が与える物であって、人が判断する物ではないと思います。


医学の発展って怖いです。
親愛なる人の病気を治す方法があれば、どんな事をしても直って欲しいと思ってしまいます。
そうやって不治の病も人間は克服してきました。
人間は人間ができる事を全てやりつくしてしまったのかもしれません。


今、踏み込んでいるのは神の領域です。
神や仏を人間が卑下し、その位置を人間がとって変わる気でいるのかもしれない。
人間のポテンシャルの高さは本当に凄いと思います。


宗教や倫理って僕はとても大切だと思います。
現代科学は突き進むと戦争や闘争を生み出します。
ブレーキになるのが宗教や倫理です。
2つを別々に考えるないで欲しいと思います。


僕がいつも読んでいる佛教タイムズって新聞にいろいろと記事があったのでコメントしてみました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。