御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

職人前掛け専門店・エニシングさん

昨日の伊藤製作所さんに続き、代官山戦国アート祭りの交流会でお会いしたのは酒屋さんで使う前掛けで勝負しているエニシングの西村さん。
http://www.anything.ne.jp/maekake/index.html

この酒屋さんの前掛けも作る所がドンドン減っていて、日本で製造しているのは何と愛知県の豊橋市だけだそうです。
前掛けでも三河が繋がるのかぁと関心しました。


お話をしている間にNY前掛け展をやったんですよって話になりました。
サイトを覗くとNY展の時の模様が。
ちゃんと豊橋から職人さんを呼んでトークショーまでやっているじゃないですか。
その職人さんはおじいちゃんばかり3人。
こりゃ「情熱」そのものです。
http://www.anything.ne.jp/maekake/arch/2009/09/2009956_ny.html


ニューヨークの街角にたたずむ前掛けをした職人の姿にぐっと来るものがありました。
仕事に自信を持っている男が作り出す燐とした雰囲気。
年をとったから出るんでしょうね。
職人って素晴らしいと思います。
picny.jpg



僕なんかまだまだだなぁって思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。