御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

毎朝の日課&三河彫刻

ここ最近早朝散歩をしています。
これが中々いいです。
ちょっと続けてみようと思っています。


愛犬のモモとフラフラと歩いて行くとど田舎の風景になります。
091027_0908~01_0001
これが全て休耕田。
稲が実る事もなく、一面枝豆畑化してしまっています。
この姿を見て浮かんだ企画が「マッチョ米」。
まだまだイメージ段階ですけどもね。


この豆畑のど真ん中を歩いて、帰り道に都築家のお墓にも寄っていきます。
我が家の墓地は高台にあります。
元々が丸山という山の頂上に墓地があったんですが、隣に町民会館が出来て景観が良い場所になりました。
昔は暗くてまさに墓地って感じの所だったんですけどね。
091025_0908~01_0001



朝晩40分程度歩いていると適度な刺激が脳にやってくるのかなぁ。
アイデアがバンバンでてきます。
昨日も彫刻師さんと新商品の企画を練っていました。
結構面白いのが出来そうです。
お楽しみに!
来月には紹介できるかも?


それから本日より彫刻師さんが作ったアクセサリーが店頭に並びました!
091027_1002~01
前回新聞記事のなった塗師とのコラボ商品です。


アートマンで一緒に活動している彫刻師の石川さんは代々天理教を信仰しています。
仕事の前と仕事終わりには毎日手を合わせるのが習慣となっています。
そんな手で彫られる作品自体に何かが宿るんでしょうね。
触っていると何か気持ちがいいです。
もちろん、材料は仏壇彫刻で使用するものを使っていますしね。
三河仏壇で最年少の伝統工芸師でもある石川さんの彫刻もぜひよろしくお願いします!


近々アートマンのショップの方でもアップされるようになると思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。