御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

昨日の長い一日

昨日は紅葉で有名な香嵐渓がある旧足助町に昼から出かけてきました。
1日から夜間ライトアップされたと中日新聞に記事がでていたので渋滞を気にしていましたが、思ったよりスムーズに行けました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091102-00000001-maip-soci
(ライトアップされたという記事↑)


愛知県商工会青年部のトップをやっている森瀬さんに「仏壇スイーツ」の相談をしたら香嵐渓の「もみじの衣揚げ」を紹介してくれました。
このお菓子の存在は見聞きしていたのですが、食べるのは初めて。
かりんとうのようで美味しかったです。
実は11月23日に刈谷市で講演を行う事になっていて、その会場で「仏壇スイーツ」を配布しようと計画をしていました。
食して直ぐに決定しました。
091102_2332~01
講演の詳しい告知は後日しますが、来場してくれた方には気持ち程度ですがお配りします。


足助(現豊田市)の商工会青年部の方と一緒に遅めのランチをいただきました。
yakisoba.jpg
昭和の焼きそばと台湾丼をいただきました。
美味しかったです。
http://mogmog.jp/
(写真はHPからお借りしました)


ご一緒させていただいたのは御菓子司の加藤家さんと刀鍛冶の広瀬重光刃物店さんです。
2人とも20代の情熱ある部員さんでした。
こんな若い部員がいるのがうらやましいなぁって思いました。
いろいろとお話させてもらって沢山刺激をもらいました。
何か面白そうな事が動き出しそうな雰囲気です。
気がつけば3時間もくだらない僕の話に付き合ってもらっちゃいました。
次の予定がなければもっとゆっくりしたかったです。


その後はジャパンブランドの会議を三河仏壇振興協同組合の組合事務所で開催。
他の伝統工芸の産地が発信する新商品をコーディネーターをしてくれているコボ・デザインさんにレクチャーしてもらいました。
まだ何を作っていくかは決まらないですが、何が必要かは少しわかってきたような気もします。


その会議が終了後、直ぐに岡崎のタウン誌「リバ!」へ。
現在、彫刻師の石川さんと悪匠(わるだくみ)している新商品のロゴと解説書製作の打ち合わせをしてきました。
イラストレーターの某氏とリバスタッフの皆さんと有意義な会議の風景は下記のサイトをご覧ください。
http://quun-net.jugem.jp/?eid=118
「心が磨かれて、清められる商品」が完璧な形で出来上がりそうです。
近日発表します。
そんな楽しい会議のお陰で家に帰ったら11時過ぎでした。
12時間くらい色々なところで打ち合わせばかりでした。


そういえば、この間に一件雑誌の取材を電話で受けていたんだっけ。
危うく忘れてしまう所でした。
写真を送らなきゃ。


っと昨日は長い一日でしたという事を伝えたくて日記も長くなりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。