御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

壬生寺と根付博物館でゲットしたもの

水曜日に訪れた京都の壬生寺周辺エリア。
興奮していろいろな物を購入してしまいました。
http://moonmmoon.blog115.fc2.com/blog-entry-493.html(京都レポート)


まずは壬生寺。
新撰組の近藤勇や芹沢鴨など有名無名の隊員が眠っています。
三河の英雄・徳川家康が作り上げた江戸幕府の為に命を失った人々です。
お墓に手を合わせてきました。
ここのお寺の宝物館にあるお地蔵さんと観音さんはとてもおしゃれ。
中々な素敵です。
とくにお地蔵さんは壬生光背という独特な表現の光背(光を表すもの)を背負っています。
これがとても西洋風。
マナーで写真はとってきませんでした。
ぜひ訪れてみてください。


そこのお土産物屋さんで買っちゃいました。
091106_0724~01
手乗りのダルマさん
新撰組の新作トランプ(これは勉強になる)
幕末番付表のクリアファイル
091106_0724~02
クリアファイルの東が倒幕派・西が幕府派・行事が勝海舟やペリーと洒落た物です。
実にお洒落。
大切に使います。


根付博物館の方では書籍とポスカードを購入。
091106_0725~01
ユニークな物をなるべく選んできました。
091106_0726~01
本は今後の良い資料になりそうです。
5000円もする分厚い本もあったんですが、そのあとの仏壇展を見るのに大変なのであきらめました。
この博物館は年に数回期間限定でオープンしています。
詳しいことは下記のサイトで
http://www.netsukekan.jp/index.html
秋の京都でははずしていけないスポットです。
二条城周辺に行く事があればぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。