御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

小さき物の中に世界あり、仏壇道を考える

スミレほど小さき人に生まれたし(夏目漱石)


日本人を見事に表した句です。
日本の美はスミレの花のようです。
仏壇のような華やかな中にもスミレのような美があったはずです。
工業製品化して何かを見失っているかもしれません。


華厳教という物の中で華厳思想がでてきます。
限りあるものや小さい物の中に無限な物や大きな物を見出そうとする考えです。
確かにそうかもしれません。
巨大なダムも蟻の作ったような小さな穴でも壊れてしまう。


壺中の天という故事があります。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%A3%BA%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%A4%A9/
壺の中に別の世界が広がっているという話です。
壺の中にあったのは中国の話なので仙人が住む世界かな。
仏壇もそうです。
人々を別の世界へいざなう箱でなければいけません。
小さき物の集合体でなければいけません。
そういう物であるので残ってきたと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。