御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

仏壇のある利点・その4(現在・過去・未来を実感する編)

お仏壇の中にはお位牌があります。
宗派によってそのお位牌の形や祀り方が変わりますが、その数を見れば自分のルーツの古さがわかります。
自分が将来戒名や法名になってその一員に加わるという無常も位牌を眺めていると感じられます。


時間が過ぎていくのは当然の原理です。
しかしながら、それを実感する場所というのは残念ながら殆どありません。
自分が生きている時間以外にも祖先が生きていた時代があり、また子孫が生きる時代があります。
祖先がわれわれに残してくれた事、これから子孫のために何をしていくべきかを考えるきっかけを作るのもまた仏壇の役目であると思います。
(続く)


とうとう明日に開催される仏壇をテーマにした講演「人生フォーラム」
詳しくはこちらで
http://moonmmoon.blog115.fc2.com/blog-entry-517.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。