御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

お店・新年モードへ

大掃除がてら店のディスプレイをお正月モードへ少しずつ変えています。


入口には獅子頭を展示。
グッと正月らしくなりました。
091220_1820~01
ちなみに獅子の口の中には不動明王がいます。
来年の干支の守り本尊・虚空蔵菩薩ではないです。
(ディスプレイ用に使えるのがなかったので……)



その脇にはローソクで出来た仏壇グルメシリーズの最新版「鏡餅」を展示。
今までの寿司やダンゴに比べるとインパクトがないかもしれません。
でも普通にニーズがありそうです。
091220_1820~02


前にも日記で書きましたが、あの世では煙や蒸気がご馳走なんだそうです。
立ち上る煙はある地点で消えて見えなくなります。
その時にあの世に届いているという発想です。
昔の方はロマンティストですよね。
ローソクの鏡餅はお正月にお餅を届けるにはぴったりでしょ。


今年も残すところ10日間となってしまいました。
ラストスパートの時期ですね。




すっかりコレを貼り付けるのを忘れていました。
久しぶりにポッチッとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。