御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

Cool Tradition展に搬入してきました

明日からスタートする岡崎市の2つの伝統的工芸品をフューチャーした企画展「Cool Tradition~攻める伝統展」の搬入作業をしてきました。


今回は4つのセクションに分かれます。


一つ目は僕のワガママから人生で初の試み「都築数明ワールド」を大展開させていただいています。
廃棄される仏像で仏教の世界観を表現する作品を数点展示しています。
展示している物を簡単に説明します。



都築数明ワールド其の1「浄土惑星」
仏の住む浄土って雲のような形をした巨大な惑星っぽいような気がします。
100713_1856~01


都築数明ワールド其の2「弱仏マンダラ」
奈良の大仏のお土産品だって小さくて安っぽいけど、ちゃんとした仏像だ!
100713_1856~02


都築数明ワールド其の3「仏性」
人の体内には仏が宿り、人のまわりを仏が守る。それに気づく事が必要だ。
100713_1856~04

それ以外にも「仏の階級」をテーマに巨大化していく仏像などを展示しています。
今まで書いた小説とかも展示してしまおうとも計画しています。



2つ目のセクションは「伝統」です。
普段やっている伝統的な仕事で作る本物の仏壇や石の灯篭を使って祈りの空間をつくります。
伝統のお洒落さやカッコよさをこの小さな空間内で作り上げます。
100713_1856~03


3つ目のセクションは「灯りをテーマにしたコラボ」の作品展示。
まだ石の展示がされていないですけども、ここのエリアでは石工と仏壇の技術で作った照明空間を作ります。
100713_1857~01


4つ目のセクションでは石工と仏壇の作品を別々に展示するエリアとなります。


本日と明日にわたって展示作業を行います。
16日(金)には仏壇ナイト・17(土)にはオープニングパーティが開催されます。
お時間のある方はぜひ遊びに来て下さい!
これだけ尖がった伝統をテーマにした企画展は日本中、いや世界中でも見る事できないんじゃないかと自負しております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。