御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

なぜ人はお化けが怖いのか?

本日の仏壇ナイトの大きなテーマの一つです。


人間が持っている潜在的な恐怖に暗闇と高所があると聞いた事があります。
暗闇が怖いのは人間の共通認識みたいなものかもしれません。
なぜ怖いか?
それは暗闇の中に生命を脅かす何かが潜んでいるかもしれないという心理が働くからです。
僕はその「何か」分からないというのが恐怖の本質だと思います。


世の中には科学で解明できない事があります。
しかし、人間は直ぐに結論を出したがります。
例えば、夜空に光っている物体は飛行機だと結論つける事で安心を手にします。
その光が常識を逸した動きをした時に、自分の中で結論が出せず、それが恐怖に変わります。


お化けなんかも同じだと思います。
お化けが去年亡くなった隣のお婆ちゃんだと正体が分かった時点で恐怖が半減します。
そして出てきた理由が「最近お墓参りに来てくれない」という事が分かればもう怖くないはずです。
誰・何の為という2つが分かれば、不可思議なお化けという存在も人間も大差なくなってしまいます。


僕は極度な怖がりです。
だから、この怖がりを直すために、お化けや妖怪、幽霊などの事をいろいろと調べた時期がありました。


妖怪についてはある面白い仮説を考えた事がありました。
もしダーウィンの進化論のように人間が進化してきて、高い所の餌を食べようとして首が伸びて「ろくろ首」になった。
陸から海に戻る種族がいて「人魚」になった。
地底で生活する種族は目が退化して「のっぺら坊」になった。
環境の変化に対応した人間が妖怪化したのではないか?
環境問題と妖怪思想は大きな密着があるような気がします。
ゲゲゲの鬼太郎の水木しげる先生も同じような事をおっしゃっていました。


現在の都市伝説やジャパニーズホラーのようにお化けや妖怪はただ怖いだけにしてはいけないと思います。
怖いには理由がある。
そんな事を伝る8月の仏壇ナイトは本日午後7時30分からスタートです。


スペシャルゲストに風水師さんと密教系僧侶をお招きして、ちょっと怖い話を交えてトークライブを行います。
今夜の飲み物は日本酒ハイボールです。
お楽しみに!
詳しい情報はコチラでチェックしてみてください。
http://homepage2.nifty.com/artman/cybernight.html
会場は都築仏壇店の伝統的工芸品の仏壇の前で実施します。
場所:愛知県額田郡幸田町大草瓶割15-1
電話:0564-62-6111
会費:2000円(一部はドイツ国際平和村へ寄付いたします)
午後7時15分にJR幸田駅に送迎車両が待機しております。


ライブ中継はコチラのサイトでご覧いただけます。
見えない物が映りこむかも……。
http://www.ustream.tv/channel/butsudan
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。