御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

こういう気遣いがうれしいよね

中日新聞の西三河版に産業祭りの記事が掲載されています。
その一文に筆柿グルメの事も書いていただきました。
中日新聞記事
大きな取り扱いもうれしいですが、こういう所にさらっと出る方がうれしいですね。


先日、某銀行さんに進められて名古屋で「売るための商品PR」のセミナーを受けてきました。
講師は名古屋文理大学の栗林先生。
そのテキストの一番最初に書かれていたのは「知ってもらわなければ存在しないのと同じ」という言葉。
またネット環境の充実で中小企業、いや家族経営のような小規模事業者にも大企業並みのPR戦略が立てれるようになってきています。
逆に小規模事業者の方がフットワークが軽くて有利になっているかもしれません。


ネット社会のおかげで東京などの近郊に進出してヒット商品を作り出す必要がなくなってきました。
地元密着で近隣地域のシェアを伸ばす事でムーブメントを作り出し、地元に消費者を呼び込む事が論理的に可能になってきました。
それには泥臭いような情熱と共に情報発信力が必要とされると思います。


僕の本業でもある三河仏壇生産も壊滅的な状況にさらされています。
僕は仏壇店経営もやっているので仕入れた仏壇や修理をやっているので仕事はありますが、
仏壇生産を生業としている職人さんには将来を夢見ることすら出来ない状態です。


国から「ジャパンブランド」を昨年引っ張ってきました。
単なる補助事業として粛々と進めていくだけではどうにもなりません。


やはり地域に支えられる仕組みを作り上げなければなりません。
PR同様に商品開発も一番大切なのは「消費者目線」です。
大名商売が伝統を壊してしまった。
夢は派手に、行動は泥臭くが今からの成功の秘訣のような気がします。


消費者と共に生産者や販売者が「大きな夢」を見れる事が本当に大切だと思います。
出来る事ではなく、やりたい事をやらしてもらえる環境に現在いる事が本当にありがたいと思います。


そのおかげで「大きなビジョン」が見えてきました。
世の中がひっくりかえるような衝撃を来春あたえたいと思っています!
今よりも5段階くらいステージを上げちゃいますよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。