御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

大川興業本公演「OTOなOTO」+高校の同窓会の日でした

いつもお世話になっている大川興業さんの本公演が名古屋の芸術文化センターで行われています。
ご招待いただき拝見させていただきました。
劇場内を真っ暗闇して行われる「暗闇演劇」という物で、演劇から視覚を奪うという大胆な発想です。
本当に不思議な感覚になります。
今回の演目は「マンダラのマリア」
密教の「理趣経」を切り口として大川興業らしい過激な演出も多々。
ハードコアな演目となっておりました。


大まかなストーリーはコチラで見ることができます。
http://www.okw.co.jp/news/kurayami2010.html
本日も名古屋で公演があります。


公演後に大川総裁と少しお話できる機会があったので、現在進めているプロジェクトの概要をお伝えいたしました。
発想力や情報力が僕の比ではないので、お話をすると毎回力をいただけます。
本当にありがとうございました。



それから急いで地元に戻って高校の同窓会に1時間ほど遅刻して参加いたしました。
久々に会う同級生と楽しい一時ができました。
最近、自分が忙しくなってしまって飲みに行ったりしなくなってしまったなぁ。


話をしていると高校時代がふつふつと蘇って来ます。
よく僕の家に皆泊まりに来た。
多い時は30人くらいザコ寝した事もありました。
近所の人からうるさいと苦情もあったし、親からもよく怒られました。
男ばっかり集まって隠れて酒飲んで、くだらない話していました。
僕は目立つタイプじゃなかったけど、いつも沢山の人に囲まれていたような気がします。
あの頃も今も人に助けられてきたんだなぁって今更ながら思います。


2次会まで参加して帰宅しました。
次回会うのはいつだろう。
いつまでも元気でいなくてはと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。