御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

荘厳華麗な商品達3

本日もギフトショーで発表する商品を紹介していきます。


本日も2社の参加企業が考案した商品をご紹介します。
まずは三河地方最多の店舗数を誇る「永田や仏壇店」さんの考えた「禅なお膳 ソーゴン・箸ケース」と「美しい方はより美しく ソーゴン・フォトスタンド」です。
箸ケース小
箸ケースはデザイン的にはシンプルなスクエアー型。
アクセントに角は面を作ってあります。
フタの裏側は箸置きになっておりディテールにもこだわりがありますよ。


写真立て小
フォトスタンドは仏壇の障子の腰モッコをそのまま利用しています。
下の写真に写っている障子の下の部分が腰モッコです。
100925_1142~01
元々が仏壇装飾の縁を飾る目的の物です。
写真立てにピッタリの活用ですよね。


この2つの商品には三河仏壇の木地・塗り・金具の技術が使われています。



次に紹介するのは安城・桜井町に店舗を構える「近藤仏壇店」さんが考案した「天蓋孤独に時を告げ ソーゴン・天蓋時計」です。
天蓋時計
かなりシンプルにしていますが、デザインのベースは仏天蓋(ぶってんがい)、仏像の頭上にある特殊な傘みたいなものです。
天蓋
その天蓋の製作技術で時計を作りました。
中央の部分と文字盤になっている部分は蓮をイメージして彫刻してあります。
かなりデコラティブなデザインですので色合いはモノトーンにしています。


この商品は三河仏壇の彫刻・塗り・金箔の技術が使われています。


これらの商品は2月1日~4日まで開催される東京ギフトショーにて出品いたします。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/71tigsinvitation/index.htm
三河仏壇・ソーゴン・スタイルのブースは東4006です。
ぜひ足を運んでください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。