御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

荘厳華麗な商品達4

本日も東京ギフトショーで発表する新作アイテムをご紹介します。


まずは知立市に店舗を構える「高岡屋仏壇店」さんが考案した「華麗なる壁 ソーゴン・テキスタイル」です。
アートパネル
仏壇の製作技術をアートパネルにした商品です。
10cm四方の木製タイルを塗り、その上に蒔絵や金具で装飾しています。
モチーフは家紋や金魚のような和柄から骸骨とファイヤーパターンのロックな物まで挑戦的に製作しました。
僕がデザインしたので採用されたのは家紋だけだった。
残りは高岡屋さんのオリジナルデザインです。
将来はアーティストとコラボレーションしていくのも面白いかもしれないですね。


この商品は三河仏壇の塗り、金具、蒔絵、木地の技術が使われています。



続いては西尾市に店舗を構える「大和屋仏壇店」さんが考案した「唐草が永遠をつむぐ ソーゴン・唐草時計」です。
ハッソウ時計


このデザインのモチーフは仏壇の扉の閂の金具「はっそう」です。
100919_0915~01
仏壇の金具も最近ではプレス機械で作る事が多くなり、この金具のデザインはあまり見かけなくなりました。
とても綺麗なデザイン、アールヌーボーっぽいですよね。
閂の金具のデザインをほぼそのまま使って時計にしています。
仏壇のディテールがそのまま商品になった自信作の一つです。


この商品には三河仏壇の木地・塗り・金具の技術が使われています。


この商品が展示されるのは2月1日から開催される東京ギフトショーです。
全ての商品が揃って見れる機会は少ないと思います。
お時間のある方はぜひ東京ビックサイトへ足を運んでいただけると幸いです。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/71tigsinvitation/index.htm
三河仏壇・ソーゴン・スタイルのブースは東4006です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。