御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

感謝感激!気仙沼から届いたカツオ

津波被害の位牌修復ボランティアの唯一の活動拠点になっている宮城県気仙沼市の唐桑地区からカツオが届きました。
現在は気仙沼市に合併されていますが、6年ほど前は唐桑町という独立行政地区だった地域です。
自然豊かな地域です。
その地域のシンボル的な魚がカツオです。
現地で購入した手ぬぐいにもカツオが、震災に勝という気持ちも込められているそうです。
110903_1122~01_0001


生鮮カツオ水揚げ日本一を誇る気仙沼市の復興のシンボルでもあるカツオを唐桑地区から送っていただきました。
本当にありがとうございます。
110831_172823.jpg


たまたま帰省していた料理店に勤めている次兄がさばいてくれました。
どうせならカツオの叩きにしようということで急遽バーベキューに。
110831_180010.jpg


豪快に火であぶりました。
110831_180422.jpg


兄がおしゃれに盛り付けしてくれました。
110831_1842~01
このマグロのおかげで久々に都築家大集合。
長兄一家も合流、正月以来の大宴会となりました。
旨い魚があるとお酒も美味しい。


人のつながりが家族のつながりを作ってくれました。
本当にありがとうございました。


ネットで気仙沼の唐桑地区とカツオについて調べていたら、「からくわ放送局」というサイトを発見しました。
唐桑の海を守る会の漁業復興支援基金プロジェクトの記事が掲載されていました。
http://www.karakuwa-ocean.org/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/2011-06/


被災地へ行って思うのは海水産業の復活は絶対に必要です。
漁師さんから加工工場まで自動車産業のようにすそ野が広い産業です。
そのどこかが途切れてもダメなんだと思います。
気仙沼のカツオを買うことも大きな支援の一つになるような気がします。
唐桑の海を守る会の漁業復興支援基金プロジェクトについての連絡先などは下記のサイトでご確認ください。
http://www.karakuwa-ocean.org/%E5%BE%A9%E8%88%88%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/%E6%BC%81%E6%A5%AD%E5%BE%A9%E8%88%88%E6%94%AF%E6%8F%B4%E5%9F%BA%E9%87%91%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。