御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

愛犬で季節の変わり目を感じる

僕の仕事場には犬が放し飼いになっています。
それが愛犬「モモ」
彼女との付き合いは既に15年目。
僕の唯一の同僚でもあります。
060324_1513~0001



この時期、冬毛から夏毛に生え変わります。
ブラッシングしてあげないと仕事場がモモの毛でゴーストタウンのようになります。
ですのでモモの体がゴアゴアしてきたら定期的にやってあげています。
昨日も雨があがり、気持ちよい天気に。
ブラッシング日和でした。


ブラシをあててあげると直ぐにこの量の毛。
080525_1353~0001

数回繰り返すと抜け毛の山ができちゃいます。


ブラシをあててあげるとうれしいんでしょうね。
直ぐに「服従のポーズ」になってしまいます。
080525_1352~0002

でもこのポーズだとブラシをかけにくい。
やりたいのは背中の方。
しかたないので、何度も僕が反転させて完了です。


ブラシを当て終わるとモモは日向ぼっこ。
それもお客さんが入ってくる場所。
確かに日当たりが良い。
080525_1518~0001



お店に来る方、安心してください。
モモは全く吠えないですし、超弱気な犬です。
僕と一緒で怒られるのが嫌いなので、人には逆らいません。


ふと、仕事場を好きに使っているモモを見て思います。
もしかして僕がモモの犬小屋の一部を使わせてもらって、仕事をしているんではないのか?ってね。


でも、愛犬のおかげで心が癒されています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。