御駄物な話

伝統的な技法を駆使して天上天下唯我独特なデザインを生み出す駄な物づくり哲学

「漆塗のフィギュア パート2」

 去年の仙台三越さんで販売した30万円弱のウルトラマンのフィギュアが良い結果を残したので、漆塗りフィギュアの次の商品が決まり去年の夏ごろに受注が始まりました。
ミッキーマウス、ウルトラマン、それに続く漆フィギュアは日本が誇る巨大ロボット「マジンガーZ」です。
なーんだガンダムじゃないのかって思っているあなた!
マジンガーZは世界で驚くほど知名度が高い。
アメリカでは「トランザーZ」の名前で放映されている。
ヨーロッパではマジンガーZの続編である「グレンダイザー」が驚異的な人気で、多くのヨーロッパの国では自国のアニメだと思っているそうだ。
そんな理由で漆塗りのフィギュアを海外で販売していきたいと考えている我々は「マジンガーZ」をセレクトしたのです。

 今回は広報に徳間書店、販売はメディコムトイ、フィギュア製作はマーミットという最高のチームがサポートしてくれました。
漆のディレクションは僕が担当し、漆塗りは伊藤君。サンプル製作では新しい技法である「割れ塗り」を試してみたが、立体の物には綺麗に仕上がらず断念。
黒をベースに、朱と金を使った仏壇カラーで商品化にこぎつけました。
徳間書店で発行している「キャラクターランド」の巻頭4面特集で大々的に紹介していただき、サンプルは銀座にあるメディコムトイさんのショウルームにて展示、それをネットで配信。
税別45万円という超高額商品でしたが20体の注文をもらえました。
その多くはアメリカからの注文だったっていうので再び驚きました。

 リスクがないように受注生産の方法をとってもらい、現在8割完成済み。
現在、残りの2割を伊藤君が岡崎の工房で塗っています。
最近思うのは20体くらいしか作らないのならマーケットの理論は全くあてはまらないってことです。
一般的には45万円はのフィギュアは高いですが、5万円のフィギュアだって高い。
はたして5万円に技術を落としても大量に売れるとも思わない。
最高の技術を使うから値段も高いなら納得できるはずです。
しかし、個人の力ではそれをさばききる能力はない。
協力してくれる企業さんの情報発信力が販売にはつながっている。
物をつくる僕たちがやることは、協力してくれる企業さんが本気になってくれる商品をつくること。
物の価値は物が決める。
溜息がでるような商品を提供することで一歩一歩階段を上がっていけるような気がしています。

 次回の漆塗りフィギュアの試作を現在製造中。情報解禁になったらまた報告します。
urushi_mazinger_h02.jpg
 ©ダイナミックプロ/マーミット/メディコムトイ/徳間書店
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。